グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

11月21日(月)ワールドカップ開幕 川崎勢の活躍、女性初の主審候補、パブリックビューイングの安全性 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

「大会初ゴール」幻に VAR判定で取り消し サッカーW杯

VARは誤審(ごしん)を防ぐために主審の判定を映像で補助するもので、2018年ロシア大会に続いて採用されている。
カタール大会では、オフサイド判定を補助するために映像や人工知能(AI)を用いた最新技術が新たに導入されている。

「過去最大の投資」──ABEMA責任者が語るサッカーW杯放映権獲得の舞台裏と狙い

次のステージとは何か。続けて聞くと、塚本局長は「われわれは『新しい未来のテレビ』というテーマを掲げ、事業を運営している。言い換えると、時間的な制約にとらわれることなく、視聴デバイスがあればいつでも、どこでも、何度でも視聴可能なテレビというものだ」と自社事業を解説。「目指す方向性として、ユーザーの生活習慣にいかに根ざすかということがある。その中でもスポーツコンテンツは、複合的に見てABEMAと相性がいい。『インターネット配信×スポーツ』というものにチャンスがあると思った」と放映権獲得の狙いを明かした。

換気徹底、声援禁止…スポーツバーはコロナに「鉄壁ディフェンス」20日サッカーW杯開幕

 今月15日、東京のコロナ新規感染者数が、約2カ月ぶりに1万人を超え、第8波が到来したとされるが、田中さんは感染対策を「バッチリ」と胸を張った。店内ではドアと窓を開けて換気を徹底し、客にマスクの着用と声援の禁止を呼びかける。至る所にアルコール消毒も設置し、田中さんは「日本代表のような鉄壁のディフェンスです」とアピールする。

新サッカー王国は川崎市、W杯日本代表にゆかりの選手10人!4人輩出の街クラブ「さぎぬまSC」代表も活躍期待

欧州のクラブ事情に詳しい、いわきFCの大倉智社長(53)は「欧州では『強いクラブがある地域から、良い選手は出てくる』と言われている」と指摘する。地域とクラブが強く結びつき、選手の育成環境が向上し、国内、海外で活躍するという好循環が生まれる。「日本では、クラブと同じように学校スポーツも充実している。三笘選手は川崎経由で筑波大に進み、成長した。さまざまな選択肢があることは選手にとっては良いことだ。川崎に代表選手が集中したのは偶然ではない」と分析した。

サッカー少女が女性初の主審候補になるまで。山下良美さんが果たす3つの責任【カタールワールドカップ】

「全国には、男性の試合をたくさん経験してきた女性審判員たちもたくさんいます。そういう審判仲間が積み重ねてきた『信頼』が、いまの状況を作り出しているのは間違いない。そのことをまず伝えたいですね」

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top