グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

11月15日(月)今年のスポーツ界MVPは?Jリーグ経済効果1位はあのチーム ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

今年のMVPだと思うスポーツ選手 3位「羽生結弦」、2位「村上宗隆」、1位は?

今年の11月20日~12月18日にかけて開催される「FIFAワールドカップカタール2022」で優勝すると思う国を1カ国聞いたところ、「ブラジル」(163人)が断トツで1位だった。以降「ドイツ」(57人)、「スペイン」(31人)、「日本」「フランス」(いずれも28人)と続いた。

【MLB】暗号資産大手の破産、大谷翔平“もらい事故”か 米報道「財政的大打撃の可能性」

MLBと、MLB選手会の暗号資産取引の公式パートナーも務めていた同社は、2021年11月16日(同17日)に大谷とパートナーシップ結んでいた。その際、大谷はこのパートナーシップにおける報酬を株式と暗号通貨で受け取ると発表されていた。

「サッカー界を凍らせるタックル」W杯直前に…ネイマールへの激しいチャージに世界震撼!「誰もが心配したキック」

 記事は「接触は彼をフィールドから連れ出すほど致命的ではなかったが、その画像は人々を心配させ、SNSで反響を読んだ。状況を過度に誇張して、彼がまた演技をしたと非難する人もいた。いずれにせよ、多かれ少なかれ接触はあり、地面に転がった」と続けている。

佐久間悟社長が語る「理想の姿」中田英寿も輩出の“全国3位”の王国・山梨【甲府にフットボールスタジアムが必要である理由】

 山梨県のサッカーは、韮崎高校の全国舞台での活躍とともに、地域のシンボルとなった甲府サッカークラブ-ヴァンフォーレ甲府の通算67年間の奮闘とともにあった。そして人口では47都道府県中41番目という小さな県に、チーム一丸となって最後まで粘り強く戦うサッカーの文化を生み、人口比の登録サッカー選手数では全国3位という「王国」を築いた。

サッカーJ1「経済効果」ランキング、1位は413億円! マリノスではなく関西のチーム

 J1クラブを経済波及効果だけで見ると、対戦相手のサポーターをどう呼び込むかが重要になります。今回は「推定値版」であり、県外観客を12%(過去実績値より)と仮定して計算していますが、クラブによって実態は異なります。対戦相手サポーターに対して4P(プロダクト、プライス、プレイス、プロモーション)を充実させることが重要になると考えられます。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top