グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

11月2日(水)アマチュアスポーツを活性化させる「グリーンカードモデル」が日本スポーツ界に革命を起こす スポーツ推し活で幸福寿命延ばせ ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

スポーツ参加市場は横ばい、観戦市場36.9%増と復調

 プロ野球ファン人口は、2,099万人で前年(2021年)比179万人減。サッカーJリーグファン人口は、788万人で昨年(2021年)比90万人減となった。好きなスポーツ選手は、大谷翔平選手が第1位、三浦知良選手が第2位、池江璃花子選手が第3位に。米大リーグで活躍している大谷翔平選手は、5年連続で好きなスポーツ選手の第1位に選ばれている。

スポーツと他分野を切り分け、自ら可能性を狭めているサッカー人。

こういった要因もあり、現役時代、特に若い世代の選手がサッカー以外の分野に触れる機会が少なくなっているように感じています。

そして、その積み重ねが「サッカーしかやってこなかった」という人材を輩出し続け、昨今のセカンドキャリア問題の根本的な課題になっているのではないでしょうか?

アマチュアスポーツを活性化させる「グリーンカードモデル」とは。メディア運営会社がFUNDINNOでCF

同社は、アマチュアスポーツ界が少子高齢化や子どものスポーツ離れなどで苦しい運営環境にあることを課題視し、広報や営業代行を担い、部費以外の収入源を確保することを支援する事業を展開している。

幸福寿命のカギは、スポーツ選手への「推し活」にある!?…107歳もエール送った!/サントリーウエルネス×Jリーグ「Be supporters!」企画推進リーダー吉村茉佑子さんに聞く

「今年9月の敬老の日に合わせて、全国の10のJリーグのクラブと協働して、『人生の先輩からのエール』という特別企画を行いました。合計で74の施設1434人のみなさんから、クラブや地域への力強い応援メッセージが集まりました。こうして集まったメッセージは、クラブごとに横断幕にして、敬老の日に近いホーム試合で掲出しました。今後はこうした取り組みを、他の地域にも拡大していきたいと思っています。
最近、健康寿命という言葉を聞きますが、私たちがもう一つ大切にしているキーワードは『幸福寿命』です。健康であってもなくても、毎日をイキイキと自分らしく過ごせるようになってほしい。その取り組みとしての『Be supporters!』の活動をこれからも推進していきたいと思っています」

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top