グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

10月31日(月)サッカーW杯へ向けてABEMAの取り組み、サムライブルーウォークなど ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

オリパラ汚職を好機に 共創型スポーツビジネスへ転換を

欧米ではスポーツと社会課題の解決を掛け合わせる取り組みが盛んだ。気候変動などの環境問題やSDGs(持続可能な開発目標)は、EU(欧州連合)にとってホットなトピック。その潮流の中で各サッカーリーグ、クラブはさまざまなステークホルダーと連携し、社会課題に取り組むプラットフォームになりつつある。

サッカーW杯まで3週間 「サムライブルーウォーク」に700人参加

5・5キロを歩いて、日本代表を応援するウォーキングイベントには、約700人のファンがそれぞれの時代の代表ユニホームを着用して参加。ゴールの新宿住友ビル三角広場まで、代表だった北沢豪さんや城彰二さんらと共に晴天の東京を歩いた。

障害者スポーツ 東京パラの機運を生かしたい

競技団体側の努力も欠かせない。視覚障害者らが、ボールの転がる音などを頼りにプレーする5人制のブラインドサッカーは今年、観戦チケットを有料化したトップリーグが始動した。

史上最大額の投資で、ABEMAがW杯全64試合を無料中継する狙い──中継責任者に聞く

当初からABEMAは無料生中継を前提として考えています。ABEMAはまず、無料でたくさんの方に使ってもらい、取り扱う競技やジャンルの多さを通じて、ABEMA自体を好きになってもらう。そして利用者を増やすことで、広告収入などでマネタイズしていくというビジネスモデルです。先ほどお伝えしたようにW杯中継も当初から無料が前提でしたし、“無料”はABEMAのサービスの根幹なんです。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top