グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

10月21日(金)ドラフト各球団の戦略顕著、いちご一会とちぎ国体閉幕、Jリーグ マネジメントカップ 川崎フロンターレが優勝

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

【ドラフト】異例の事前1位公言ラッシュは「先手必勝」で幕 絶対的存在おらず各球団の戦略顕著

今年の世代は、コロナ禍の影響を強く受けている。「不作」という安易な言葉で表現したくない-。そう思って、候補選手と向き合ってきた。大学4年生は、4年前のドラフトで「根尾・藤原世代」と呼ばれた学年。好素材のそろった大学生内野手は、指名漏れも多くなった。

各都道府県が集い、スポーツでひとつになった「いちご一会とちぎ国体」

大会のシンボルともいえる炬火が分火・納火され、29〜31日に行われる全国障害者スポーツ大会へと炬火が引き継がれました。そして栃木県知事から次の開催地である鹿児島県知事へと大会旗が手渡され、無事に国体のバトンタッチが執り行われました。

スポーツビジネスにおける商品とメイキングについて

このアプローチは、商品自体のプロモーションにもなり、このメイキングを利活用してブランディングやSNSのフォロワー増などに繋げることも可能になります。
(中略)
スポーツビジネスにおいてもドラマのような汗水垂らした集客活動、スポンサーセールス、選手の練習風景、選手獲得秘話、クラブ経営の苦労話などストーリーはあるはずです。こんな素敵なプロセスを封印しておくのはもったいないし、商品の引き立て役に使わないのは無いかなと思っています。

【スポーツビジネスを読む】男子の魅力を伝える一般社団法人日本ゴルフツアー機構・青木功会長 前編 「攻めのプレーが未来を変える」

プロ野球であれJリーグであれ、まずは試合が行われ、その試合にファンが集まってくる。ファンがいるからこそチームにスポンサーが集まり、スタジアムにも冠がつく。しかし、ゴルフは正反対だ。まずスポンサーありきで大会を開催、そこに選手が参加し、大会があるのでファンが集まってくる構図となっている。このフローを他のスポーツと同じ構図にするという志高き挑戦なのだ。

Jリーグ マネジメントカップ 2021:川崎フロンターレが圧倒的な強さを見せ2年連続3度目の優勝

川崎Fは経営効率分野では苦戦したものの、マーケティング分野、経営戦略分野、財務状況分野で1位と、3分野で1位を獲得する強さを見せ、2位に17ポイントの大差をつけて見事2連覇を飾りました。

「好きなスポーツ選手」ランキング2022が発表。1位大谷翔平、2位羽生結弦、3位イチロー

笹川スポーツ財団は10月6日、2022年6月から7月に行われた調査に基づく「好きなスポーツ選手」ランキングを発表した。29.1%の票を集めた大谷翔平が1位となり、2位羽生結弦(5.5%)、3位イチロー(3.2%)を大きく離して初めての首位となった。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top