グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

10月11日(火)ソフトバンク球界初「4軍制」来季創設、JTBがスポーツビジネス専門部署開設、九州のプロスポーツ活況ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

【ソフトバンク】来季から球界初「4軍制」創設へ 20日ドラフト会議で育成選手を大量指名

ソフトバンクは12球団に先駆け、2011年から「3軍制」を本格導入した。“1期生”となる10年育成ドラフト組には千賀、甲斐、牧原大と現在の主力がズラリとそろう。球界随一の育成力を誇るチームはまたしても新時代を構築しようとしている。

JTB、スポーツビジネス担当100名規模に、専門部署も開設

ジェイティービー(JTB)は12月1日、旅行事業本部内に「スポーツビジネス推進室」を設け、大型の国際スポーツイベントへの取り組みを強化する。同時に、グループの地域事業会社にも担当者を配置していき、2014年2月には在外拠点を含めてグループ全体で100名規模の体制を確立する方針だ。

横浜ビー・コルセアーズが桐蔭横浜大と協定 人材育成と地域活性目指し協働

連携・協力の内容は、学生・選手・スタッフや社会人への学びの場の提供、地域貢献活動での協働、横浜BCの集客向上に向けた活動の3点が骨格で、細目は現在作成作業が進んでいる。

ユアスタを「スタジアムパーク」に 構想実現目指し市民ら議論

スポーツビジネスなどを手がけるトウェルヴ(東京)の石田敬社長がスタジアムパークの先進例を題材に講演。「そばに公園を備え、長時間の試合に飽きがちな子どもも安心して遊べる。チームの勝敗にかかわらず幅広い世代が笑顔で帰れる仕組みになっている」と紹介した。

ソフトバンクホークスに続け 九州のプロスポーツ活況

同球団が地域経済に与える影響は大きい。FFGビジネスコンサルティング(福岡市)が2018年に実施した調査によると、福岡ソフトバンクホークスが福岡県にもたらす経済波及効果は約511億円にのぼるという。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top