グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

9月27日(火)エクアドル戦はスタメン総入れ替えか、欧州最大規模のスポーツビジネスカンファレンス、東京五輪会場の「赤字」ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

森保監督、エクアドル戦でスタメン総入れ替えを明言!! システムは「アメリカ戦と一緒」

アメリカ戦ではGK権田修一(清水)、DF中山雄太(ハダースフィールド)、DF冨安健洋(アーセナル)、DF吉田麻也(シャルケ)、DF酒井宏樹(浦和)、MF遠藤航(シュツットガルト)、MF守田英正(スポルティング)、MF久保建英(ソシエダ)、MF鎌田大地(フランクフルト)、MF伊東純也(スタッド・ランス)、FW前田大然(セルティック)が先発。このうち冨安、権田が離脱し、前田の別メニュー調整が続いている中、指揮官は大幅入れ替えを決断したようだ。

欧州最大規模のスポーツビジネスカンファレンス「Leaders Week London」が来週開幕

今年のカンファレンスのテーマは「リーダーシップ」「収益化」「デジタルカルチャー」「ファンダム」。DE&Iなど変わりゆくビジネス環境への対応から、投資の呼び込みや新たな収益源の確保、そしてブロックチェーン、NFTの活用やメタバースによる未来まで議論される。

東京五輪が残した会場の「赤字」 日本はスポーツビジネス途上国?

東京オリンピック(五輪)・パラリンピックで東京都は六つの競技会場を恒久施設として造り、再開業が始まっている。収支がマイナスの場合、埋め合わせには都民の税金が投入される。

「アフリカでも起業したい!」銀メダリストが追う二兎の夢

選手として、日本のスポーツビジネスに強い危機感を抱いてきた。グローバルではスポーツビジネス市場が飛躍的に成長しているが、コロナで大打撃を受けた日本のスポーツ参加市場規模はピークの19年から急降下(「2021年スポーツマーケティング基礎調査」)。「バスケだけではなく、業界の構造的な問題もあり、いまの日本のスポーツビジネスは限界が近いと思う。経営者としてビジネスの視点でスポーツを変えていく必要があると感じています」。

ワシントン・ウィザーズの親会社が進める世界最先端のスポーツビジネスとは

MSEが手がけるスポーツビジネスはチームだけではなく、アリーナや放映権などにも及ぶ。2021年に合法化されたスポーツベッティングに関しては、MSEで番組を作り配信するなど積極的に活用している。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top