グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

8月29日(月)スポーツ現場を支えるドイツの仕事観 甲子園メッセージ動画#聖光学院 スポーツ✕爪の可能性 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

「勤勉=しんどい思いをする」は違う。CLの舞台を目指す日本人ホペイロが明かす日本とドイツの仕事観

ドイツに来て自分の仕事の全てが選手やチームのためになっているのか、質の部分をちゃんと考えるようになった。需要に対して供給過多になっていないか、本当にここまでしてあげる必要があるのかを考えるようになった」

「全員主役」聖光学院の夏 ベンチ外メンバーからの「おもしろ動画」も支えに

 だが、今年の3年生の団結力は例年とは違った。アルプスからエールを送った福田颯大内野手(3年)は「全員主役で、みんなで打席に立ちたい。緊張している選手を少しでも笑顔にしたかった」と、メッセージ動画に加え、「おもしろ動画」の撮影を発案。3年生全員が出演するその動画は、おかしなダンスをするオリジナルネタや、SNSで見た動画をまねしたものなどさまざまだった。

キッズアスリート必見のセミナー!「キミはまだまだ強くなる!爪を整えて試合に勝とう!」を2022年9月9日(金)に開催

子供は足の骨は7〜10歳には完成に近づく時期と言われていますが、幼少期より足爪を含めた適切なケアをすることは、健全にスポーツを続けられる体づくりにとても役立ちます。

中国伝統刺しゅう「蘇繍」 スポーツウエアとコラボ 江蘇省蘇州市

中国江蘇省(Jiangsu)蘇州市(Suzhou)の伝統刺しゅう「蘇繍(そしゅう)」の継承者、張雪さんは23日、同市で中国のスポーツカジュアルウエアブランド「比音勒芬(Biem.L.Fdlkk)」と12年間の戦略的提携協定を結んだ。中国的要素を取り入れた「国潮」と呼ばれる新たな国産ブランドを共同で創出する。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top