グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

8月17日(水)2020東京のスポーツ訴求効果は? スポーツ✕NFTの認知率 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

NFT認知率は3割、保有は3% スポーツ・アニメが人気 MMD調査

NFTの認知率は30.8%で、現在NFTを保有しているのはそのうち3.2%。性年代別では、保有の割合が最も高かったのは20代男性で、9%だった。NFTを知っているが保有していない1,671人のうち、興味があるのは6.9%、やや興味があるのは23.8%で、興味がある割合は30.7%となった。

FIFAが全インドサッカー連盟に停止措置…「第三者からの不当な影響」が理由に

FIFAの発表によると、AIFFは「第三者からの不当な影響力」が深刻なFIFAの規約違反に当たるとして、活動を停止することが理事会の全会一致で決定したという。

東京オリンピック、国民のスポーツ実践に影響せず

 研究では、06年から20年の全国調査データを用いて、東京オリンピックの開催決定前後の国民全体の身体活動・スポーツ実践がどのように変化したかを検証した。結果、大会の開催が身体活動やスポーツ実施率の向上にほとんど影響していないことが分かった。

スポーツの熱中症は長時間の競技こそ要注意! 海外研究によるとマラソンのリスクは48倍!

当然のことながら温度が上がるほどアスリートの熱中症は増えます。平均すると選手1000人当たり11.7件の熱中症が発生。体感温度が25度から35度へと10度上がると熱中症は倍増しました。なかでも熱中症が多いのはマラソンと競歩で、短時間の競技に比べると熱中症になるリスクは48倍にもはね上がると判明。この結果に男女差はありませんでした。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top