グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

8月10日(水)高校サッカー今年の応援リーダーは中村俊輔、WOWOW欧州サッカーテーマソングはMIYAVI 川崎の巻き込みSDGsがすごい ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

中村俊輔が高校サッカーの応援リーダー就任! 自身は桐光学園で準優勝を経験

第101回全国高校サッカー選手権大会の応援リーダーに、横浜FCの元日本代表MF中村俊輔(44)が就任することが決定した。
中村は神奈川県の桐光学園高校出身。2度出場した経験があり、第75回大会では背番号10を背負い、チームを全国2位に導いていた。

社説(8月10日)コロナとスポーツ 出場の可否 臨機応変に

プロスポーツも感染拡大の影響を受ける。サッカーJリーグは、選手エントリーが13人(先発11、控え2)以上なら開催できる規約があるものの、保健所から活動停止を指示されるなどして基準を満たさないチームは試合ができない。一方、プロ野球は開催に必要な選手数についての統一ルールがない。各球団がチーム編成を判断し、実行委員会で可否を決める。7月には巨人が開催を延期したが、ヤクルトは2軍選手が昇格し試合を行った。球団ごとの対応では、公平さが保てるか疑問だ。

MIYAVI、新曲「Fearless」が「WOWOW欧州サッカーテーマソング」に

「Fearless」は、セレッソ大阪ユース選手だったMIYAVIが競技やサポーター、闘う選手に想いを馳せて作り上げたという書き下ろし楽曲。今シーズンを彩るテーマソングとして、8月11日の『UEFAスーパーカップ2022 レアル・マドリードvsフランクフルト』を皮切りにWOWOWの欧州サッカー番組内でオンエアされるそうだ。

“単なるサッカークラブではなく生活の一部へ”フロンターレがピッチ外でも行なう精力的な取り組み。「かわさきこども食堂ネットワーク」らと連係へ

 川崎はパートナー企業とのマッチングなどを提案し、ロッテはコアラのマーチ、マルコメは味噌、ドールはバナナなど各社の食品や、食品の置き場を提供、川崎市は川崎SDGsプラットフォームを通じた広報、案内などを行ない、「かわさきこども食堂ネットワーク」は、川崎、各パートナー企業のSDGs実績に寄与するなど相互関係を築いていくという。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top