グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

7月26日(火)メッシもネイマールもエムバペも決めた! パリSGツアー、スポーツビジネス、DXに法の壁ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

メッシもネイマールもエムバペも決めた! パリSGが日本ツアー最終戦で6発完勝! G大阪は黒川&山見弾で意地を見せる

前半だけで4得点のパリSGは、後半も押し気味に試合を進める。G大阪にボールを持たれるシチュエーションでも、連動性あるディフェンスと鋭い出足で敵の攻撃を寸断する。

60分、メッシのスルーパスにネイマールが走り出し、ボールを足もとに収めるとエリア内で東口をかわしてゴールに流し込み、自身2点目をゲットする。

61分にベンチスタートだったキリアン・エムバペが途中出場。持ち前のスピードとテクニックでスタジアムを沸かせる。

スポーツビジネス、DXに法の壁 論点整理へ官民動く

参加者がお金を出し、それを元手に勝者に分配すると賭博罪にあたる可能性がある。そこでマイネットはユーザーの参加料と切り分けて、スポンサーの協賛金を勝者に分配する仕組みにした。賞金獲得ゲームはシーズン中の1カ月限定の開催だったが、数百人が賞金を手にした。20年頃から検討を進めてきたマイネットの岩城農・取締役専務執行役員は「熱量のあるユーザーが一定数いることがわかった」と手応えを感じており、今後も開いていく方針だ。

好きな選手を選んで自分のチームをつくり、実際の試合成績をもとに他のユーザーと競うゲームは「ファンタジースポーツ」といわれる。米ファンタジースポーツ&ゲーム協会によると、米国で19年時点で約4600万人が利用しており、大きな市場を確立している。

コロナに揺れるスポーツ界 広がる「グレーゾーン」許容

日本にもこの「グレーゾーン許容」にならう動きがある。ラグビー日本代表は活動の継続を重視し、合宿開始後のPCR検査をとりやめた。合宿が始まった6月上旬以降、陽性者と接触した選手には抗原検査だけを実施。陰性で症状がなければ活動を続けさせ、欧州王者フランスとの2試合を含む日程をすべて消化した。

興行を安定させるため、バスケットボール男子のBリーグも秋にはじまる新シーズンから選手やスタッフへの一律のPCR検査を実施しない方針を固めている。島田慎二チェアマンは「体調不良者が出たら、そこから対応していく形にしたい」と語り、従来の感染対策を見直す考えだ。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top