グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

7月15日(金)2025年世界陸上、34年ぶりの東京開催が決定、スポーツ業界が取り組むべきデータ活用、学生コーチの仕組みとは

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

【速報】2025年世界陸上、34年ぶりの東京開催が決定 1991年東京・2007年大阪以来3回目の日本開催

世界陸連(World Athletics=WA)は15日未明(日本時間)、2025年の世界陸上の開催地が、東京に決定したことを発表した。会場には東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムだった国立競技場が使用される。
東京で開催されるのは1991年以来、34年ぶり2回目。また、日本での開催は2007年の大阪大会に続き18年ぶり3回目で、世界陸上を3回開催する国は日本が初めてとなる。

【ABeam Sportsコラム#8】スポーツ業界が取り組むべき、ビジネス化の加速に向けたデータ活用

データ活用は、データ活用者だけでなく社員一人ひとりが理解を深め、現在の技術発展やその技術を使った各社のビジネスを学び、データ活用の重要性を理解し、社内のメンバーでデータ活用ができるようになることが重要である。また目の前のビジネスだけを考えるのではなく、未来の自社のビジネスやなりたい姿を想像して、必要なデータやデータの活用方法を考えることも重要である。

データ活用では一つのやり方が正解とは限らない。またデータは時間の経過とともに結果が陳腐化していくこともある。このためトライ&エラーで短期間にメンテナンスや見直しを図るアジャイル思考の考えが必要である。

読者の中にはデータを活用すれば、すぐに成果が出ると考える方もいるだろう。データ活用は、一定のデータ量や種類、そしてデータを処理・分析する時間を必要とするため、成果を得るまでに時間を要する。1年経って成果が出ていないから失敗ではなく、中長期的な視点で継続判断が必要になるのである。

水問題の改善に取り組むザイレム、スポーツチームとのパートナーシップだからこそPRできるものとは

スポーツチームのパートナーとなることの大きな魅力は、性別、そして世代を問わず幅広い年齢層の多くのファンに対し、自分たちの商品をPRできるところにある。だからこそ食品などの生活必需品、車や家電といった一般消費財でブランドイメージや認知度を高めたい企業が、より積極的にスポンサーを務めている。他にもスポーツチームならではの特徴として挙げられるのが彼らの一般社会における影響力や地元自治体との密着な関係だ。

SDGsを筆頭に今、企業が担うべき責任として社会貢献事業をより多く求められている。ただ、そういった活動を企業単体で行っても人々の関心を集めにくいのが実情だ。特に一般的には馴染みがない専門的な企業の場合はその傾向が強い。だが、ここで人々の認知度、好感度が高いスポーツチームと一緒に行うことで、より多くのメディアに取り上げてもらえるなど露出が一気に増える。また、例えば学校で啓蒙活動を行う時、地元の人気スポーツ選手が参加してくれることで、子供たちにとってより印象深く反響が大きいイベントなっていき自治体との関係が深くなるなど、いろいろな波及効果が見込める。

【参加者募集中】パーソルキャリア株式会社、日本財団運営「HEROs ACADEMIA」に協働パートナーとして参画

スポーツ庁が「スポーツキャリアサポート戦略」として、現役中から引退後のキャリアについて準備をするための支援を行うなど、昨今「アスリートのセカンドキャリア」が注目を集めています。パーソルキャリアでは、アスリートが競技を通じて得た経験やスキルをビジネスで活かす方法を知り、引退後のキャリアの選択肢を広げるサポートを行う「アスリートキャリア支援プロジェクト」を立ち上げ、アスリートのキャリア形成という課題に取り組んできました。

そして、競技フィールドを超えた、アスリートのキャリア形成を支援したいという日本財団(HEROs)との想いが合致し、昨年から「HEROs ACADEMIA」に協働パートナーとして参画しています。今回もまた協働パートナーとしてこれまで以上にアスリートのキャリア形成に取り組むことで、「キャリアオーナーシップ」を育む社会の創造を目指してまいります。

選手に主体性を持たせる「学生コーチ」の仕組みとは|イベントレポート

渡辺さん:それまで10名程度しかいなかった部員が60〜70名にまで増え、目が行き届かなくなってきたので、生徒たちに主体性を持たせるようにしたいと模索するようになりました。その頃、仙台育英学園という強豪校がGM(グラウンドマネージャー。学生コーチと同様の役割)を取り入れていると知り、うちでもやってみようと。私がかつて所属していた大学野球のチームにも学生コーチがいたので、その知識はすでにありました。

帝京大学とクラブスポンサー契約をしているFC東京が小学生を対象にオフライン授業を実施しました

2022年6月29日(水)、堀之内小学校(東京都杉並区)にてFC東京が『あおあかドリル』を活用した授業を行いました。学校法人帝京大学(本部:東京都板橋区、学長:冲永佳史)は、2021年2月よりFC東京とクラブスポンサー契約を締結しており、本学学生はFC東京クラブスタッフによる講義や社会貢献活動にかかわる取り組みを通して、スポーツビジネスを学んでいます。

FC東京は、「子どもたちの体力向上」や「運動が嫌い・苦手という子どもたちを少しでも減らしたい」という思いから、学校教科外で子どもたちの運動時間を増やすことや体育が専門でない先生でも体を動かす楽しさをより伝えやすくなるように、学習指導要領の内容に沿った体育授業の副教材『あおあかドリル』を制作し、都内144校の小学1年生約15,700人を対象に配布しました。この『あおあかドリル』は、昨年に引き続き社会貢献活動の一環として本学が協賛し、制作や活動を支援しています。

テスラ型クラブ経営を目指して KMSKデインズ

多くの買収候補先から小野たちがデインズを選んだのは理由がある。それにはACAFPが掲げる「マルチクラブオーナーシップ構想」が深く関わっている。欧州にハブになるクラブを置き、東南アジア、欧州、北米、南米などのクラブと資本業務提携しながら全体的なボトムアップを図っていく戦略である。外国人枠がほぼないに等しいベルギーリーグは世界中からタレントを集めやすい。中欧、東欧圏のクラブより、移籍市場に選手を出した場合、スタートの値がはるかに高いというメリットもある。

複数のクラブを包含することのメリットを飯塚は「サッカーに勝ち負けはつきものだが、一つが沈んでもグループ内の別のクラブが浮けば全体として良しというポートフォリオを組みやすい。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top