グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

6月27日(月)小学生にスポーツ全国大会必要か否か 地域課題を解決するスポーツの可能性 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

小学生に全国大会は必要か? Z世代がスポーツ教育の在り方を提言

総じて、Z議会を代表して長内さんが提言を発表。それは“大会の意義の再確認”、“成長に応じたルールの制定”、“スポーツ教育者への教育”の3つ。「大会ではなくスポーツを楽しむ、そこからどう成長するかも含め、小学生がよりよくスポーツできるように制度や環境を整える必要がある」と訴えます。

日本で「稼げるスポーツ」「稼げないスポーツ」の違い もし子供にやらせるなら?

そもそも、“稼げるスポーツ”と“稼げないスポーツ”の違いのカギを握るのが、競技そのものに魅力があって、“見るスポーツとしての市場”があるか否かだとスポーツマネジメント分野に詳しい、産業能率大学情報マネジメント学部兼任教員の須賀優樹さんは言う。

なぜいま「スポーツ賭博解禁」議論が必要なのか スポーツ界の未来を占う「7兆円産業」創出

 日本のスポーツ関連の国家予算がどれほどの額か、即答できる読者がどれほどいるだろう。今年度予算で約355億円が計上されている。そのうち約100億円がエリート・アスリートたちの強化予算だ。残り約250億円で、国民のスポーツ関連施策を行う。これが多すぎるとは到底思えない。

社会課題を、エンターテインメントを混ぜ込んで解決したい

藤掛氏:DeNAは、「エンターテインメントの追求」と「社会課題の解決」という2つの軸を掲げているのですが、スポーツはこの両方をハイブリッドでカバーしている事業です。特にスポーツはSDGs(持続可能な開発目標)との親和性も高い。スポーツビジネスはローカルビジネスという側面もあります。まちと共存し、地域に還元できることがたくさんありますよね。

サッカー本から感じる時代の変化。「言語化できる方が凄く増えてきた」。時代を反映する即時性と読み手の冷静さ

加藤「岩政さんはDAZNで解説をされていましたが、SNSで自ら発信できる人が増えてきた印象はありますね。そういった知識のある人たちが増えてアカデミックな方向に進み、それを求める人が増えて本になるということだと思いますね」

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top