グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

6月14日(火)森保監督 冨安健洋の起用にコメント、プロバスケットボールチームTikTok2年目でフォロワー数10万人突破ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

森保監督 冨安健洋の起用について「リスクになる」と慎重姿勢、中山雄太は欠場へ

森保監督は冨安について「明日の試合に向けて、チームの全体練習には合流しているので出られる可能性も考えて、今日の練習後にメディカルスタッフ、ドクターと相談したい。しかしながら、いきなり国際試合のハイインテンシティーの中で、長期離脱から2、3日の練習でできるかどうかは、非常にリスクになるので慎重に考えていきたい」と語った。

TikTok2年目でフォロワー数10万人突破──プロバスケットボールチームが見出した“ある特性”

その背景にあるのが、TikTokなどの動画コンテンツをはじめとするデジタルマーケティングの活用だ。2年前は4000人程度だった川崎ブレイブサンダースのYouTubeチャンネル登録者数は、現在10万人となっている。これはBリーグとJリーグを合わせて1位の数字だ。

また、TikTokについては2020年9月から公式アカウントで運用スタートし、2年かけてフォロワー数は10万人以上を突破。国内プロスポーツクラブでは読売ジャイアンツに続いて2位となっている。(中略)
TikTokは、動画に最適化されたプラットフォーム。おすすめ動画としてサジェストされる機能にも優れています。そのため、YouTubeとTwitterは「既存ファンの愛着を深めること」、TikTokは「潜在ファンをターゲットに認知を広げること」を目的に運用し始めました。

エンターテイメントから学ぶ

私達はスポーツ業界人であると同時に、ライブスポーツエンターテイメント業界人とも言えます。お客様を楽しませて、感動させて、心振るわせてなんぼの仕事です。スポーツのことは競技含めて専門性が高い人は多いですが、エンターテイメント、ホスピタリティに造詣の深い人はあまりません。

突き詰めたらどこまでも広がる世界とは言え、スポーツ観戦、同業界のベンチマークだけではなく、他のエンターテイメントをもっと観たり、高いレベルのホスピタリティに触れた方が良いと思います。私が千葉ジェッツの社長をしていた時は、エンタメ研修という名のミュージカルをみたり、海外のイベントを観たりの機会を直接興行に関わるスタッフ以外にも提供していました。

勉強のレベルもありますが、最低観る、触れるは必須かなと思います。特にBリーグは、エンターテイメントの追求というのはリーグのミッションのひとつでもあります。映画、演劇、ミュージカル、コンサートはもちろん、お笑い、落語、歌舞伎、更に美術館なども。普段からこういったエンターテイメントに興味関心が低く、自己投資にまわさないのはもったいないと思います。

Fanatics、カレッジスポーツのトレーディングカード販売へ

この新商品には、現役の学生アスリートおよびNFL、NBA、MLBに進んだ卒業生が起用され、通常のカードとバーチャルカードの二分野で販売されるという。

Fanaticsは、2022年1月に業界大手のToppsを買収し、トレーディングカード業界に本格参入した。
Fanaticsは現在、35校以上の大学と独占権利契約を締結しており、各校選手の名前や肖像権を用いたトレーディングカードの制作を許可されている。
これに2023年以降に有効になる非独占の契約を合わせれば、Fanaticsのトレーディングカードビジネスは全米100校以上を網羅することになる。

【NEWS RELEASE】「地方大会全試合中継を目指すプロジェクト」2年目 「SPORTS BULL」内で展開するバーチャル高校野球は KDDI協力のもと地方大会3,000試合以上を中継予定 ~第104回全国高校野球選手権大会は6月7日(火)の沖縄大会の抽選会から~

株式会社朝日新聞社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村 史郎、以下 朝日新聞社)と朝日放送テレビ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:山本 晋也)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下 KDDI)の協力のもと、株式会社運動通信社(本社:東京都港区、代表取締役社長:黒飛 功二朗)が運営するスポーツメディア「SPORTS BULL(スポーツブル)」内で展開する「バーチャル高校野球」(https://vk.sportsbull.jp/koshien/)にて、第104回全国高校野球選手権大会(主催:朝日新聞社、日本高等学校野球連盟)のライブ中継を実施します。

スポーツを新たな成長産業に!~「スポーツビジネスネットワーク埼玉」会員募集開始~

スポーツ産業はすそ野が広く、ITやヘルスケアなど成長が期待される分野との親和性も高いことから、成長産業の一つとされています。また、埼玉県は数多くのプロスポーツチームが本拠地を置くなど、全国有数の豊富なスポーツ資産を有しています。そこで埼玉県では、県内スポーツ関連産業の成長を促進するため「スポーツビジネスネットワーク埼玉(通称:スポ玉)」を立ち上げ、参画いただける会員を募集します。今後、キックオフイベントや交流会等の開催を予定しております。皆様の御入会をお待ちしております。

「可能性しかない」沖縄をスポーツ関連産業でアジアNo.1に 協会設立

代表理事には、スポーツチームのマーケティング支援などに取り組む株式会社レジスタ(豊見城市)の青田美奈取締役と、部活動支援などに取り組むスポーツデータバンク沖縄株式会社(糸満市)の石塚大輔代表取締役の2人が就任した。その他、理事・監事には、関連産業分野や医療界、学術界といった面々が名を連ねる。

熊谷市でスポーツ施設と地域のにぎわいを創出する仕組みを構築、パナソニック

パナソニック エレクトリックワークス社の全社で、スポーツ施設の構想から施工まで製品を提案し、当社のスポーツビジネス推進部でスポーツチームなどと連携して、アリーナやスタジアムの構想作成をサポートする他、リカーリングビジネスで事業運営を支援する。リカーリングビジネスは、スポーツ施設に配置したセンサーで取得したデータをAIなどで分析した情報を、建物内や立地する地域での照明演出やデジタルマーケティングに生かし、スポーツ施設と周辺地域の賑(にぎ)わい創出につなげる取り組みを指す」と語った。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top