グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

6月6日(月)スタジアムに戻らない観客、どうすれば戻る? スポーツ配信に参入したアマプラの使命 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

コロナ禍を克服する欧米スポーツ界。対照的な日本 (後編)

つまり、声出し応援の規制が続く限り、コロナ禍前と同等の価値をファンに提供することはできず、それがスタジアムへ観客が戻り切っていない現状の一因と推察されるのである。

(中略)
声出し応援を認める場合は、入場者数はスタジアム収容人数の50%または5,000人の大きい方に抑えなければならないとされているため、クラブは声出し応援と入場者数との間のトレードオフに直面することとなる。集客力の高いクラブほど、声出し応援と引き換えに多額の入場料収入を諦めなければならず、ハードルは高い。抜本的な解決には政府方針の転換が欠かせないのである。

スポーツ庁シンポジウム、部活の地域移行で「日本のスポーツ」が一変する訳

2023年度から25年度末までの3年間を「改革集中期間」とし、まず休日の部活動から段階的に地域移行するという。そうなれば「運動部活動における歴史的な転換」であり、今後日本のスポーツのあり方が一変する可能性があるが、実現にはさまざまな課題がありそうだ。

サッカーW杯 ウクライナ 本大会出場ならず 欧州予選プレーオフ

ことし11月に開幕するサッカーのワールドカップ、カタール大会への出場をかけたヨーロッパ予選のプレーオフが5日に行われ、ウクライナはウェールズに0対1で敗れて4大会ぶりの本大会出場はなりませんでした。

「スポーツ有料配信で競技は先細り」は本当か 参入したAmazonプライム・ビデオが掲げる使命

「ボクシングなら別のドリームマッチを組むお手伝いができます。何よりもスポーツを支援し、ビジネスとして成り立たせていくことが一番大事。1人でも多くの方に観ていただき、しっかりとライセンスフィーもお支払いする。最後は至ってシンプルで、ファンを作る協力をして、業界としてスポーツ選手の方が潤うようにしていく。当たり前すぎる話ですが、我々としてはそこをしっかりとやっていくしかありません」

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top