グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

5月31日(火)大谷翔平豪快2打席連発、全日本柔道連盟が初のドキュメンタリーを制作ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

大谷翔平には「なす術がなかった」 豪快2打席連発に敵軍メディアも“脱帽”

エンゼルス大谷翔平投手が29日(日本時間30日)の本拠地ブルージェイズ戦で放った2打席連続アーチは、カナダメディアにも強烈なインパクトを残したようだ。ブルージェイズは打撃戦を制してエンゼルスとの4連戦を4連勝。連勝を5に伸ばしたが、カナダメディア「スポーツネット」は先発したホセ・ベリオス投手について「オオタニにははなす術がなかった」と伝えた。

全日本柔道連盟が初のドキュメンタリーを制作。井上康生CSO「唯一無二の価値を伝えていく」

――現在CSOとしてブランディングを推進しています。柔道界にどのような課題を感じていますか。

柔道界は競技を「する」側の視点を持つことは得意でしたが、今後発展していくためには「見る」人を増やすのも重要ですし「支える」視点も必要不可欠です。この2つの視点の強化をしていきたい。

例えば「する」という視点では、トップを目指すカテゴリーのほかに柔道をレクリエーションとして楽しんだり、子どもがこころと身体を鍛えられるような新たな関わり方があってもいい。そのためには、「厳しそう」「怪我が多い」という印象を払拭したり、一度スポーツを離れた方も生涯スポーツとして楽しんでもらえるように、柔道界が総合的に発展していかなければいけません。

ホテルチェーン、ホテルを舞台にPSGグッズを探すオンライン企画を実施

この企画で注目すべきは、ストリートビューを通して自分たちのホテル内部をくまなく参加者に知ってもらうことができること。PSGの選手を利用した普通の広告であれば、同チェーンと会員プログラムの認知度向上しか期待できない。しかし、例えばこれまで同チェーンのホテルに泊まったことのないPSGの熱心なファンが、このキャンペーンを体験すればどんな内装、設備なのかなどホテルについて詳しくなり、気に入ることで新顧客の開拓にも繋がっていく。これは街中やスタジアムに看板を出すことでは決して得られない効果だ。

メタバースなど今、様々なテクノロジーを用いたプロモーションも増えてきている。しかし、仮想空間などオンラインで完結するのではなく、リアルな体験へと繋がることを求める企業は少なくないだろう。

 

地域版SOIPデモデイ受賞紹介②〜誰もが観戦を楽しめる環境をサポートする「レノファ山口 × ケアプロ」

レノファ山口がパートナーとして迎えたのは、ヘルスケアサービスを提供するケアプロ株式会社。障害者や高齢者の外出時のサポート、イベント会場の救護や交通弱者支援などを行う同社と共に、スタジアム内で障害者や高齢者へどのような支援・サポートができるのかを検討。スタジアム観戦における問題点を洗い出したところ、階段が多い、観客席が固くて座りづらい、雨の日は足元が滑りやすい、飲食やグッズ売り場まで遠いなど、看護事業でも見られるような共通するさまざまな課題があげられました。PJTでは、そうしたスタジアム内でサポートを必要としている人に寄り添うスタッフを配置して、観戦を楽しんでもらうことにしました。

実証実験は2月、3月に開催。2月の実証実験では高齢者を対象に募集し、階段昇降の補助、座椅子の貸し出し、フードやドリンクの代行買い出しなどのお手伝いを行いました。

100以上のチームを支援 デジタルマーケティング×スポーツビジネスの無限の可能性

開催日時
6月9日(木)18:00~19:00

こんな方におすすめ
会社の収益を最大化したい経営者の方
スポーツビジネスに関心のある経営者の方
マーケティングに関心のあるビジネスパーソンの方
内容
株式会社プラスクラス立ち上げの経緯
スポーツチームがデジタル活用で収益を最大化する戦略
実際にスポーツチームを成長させた具体事例
スポーツを活用したマーケティング手法
今後の事業展開

「世界のクラブに見るスポーツITビジネスの最新動向」と題して、(株)MANAGEMENTIVA 代表取締役 酒井 浩之氏によるセミナーを2022年7月12日(火)SSKセミナールームにて開催!!

[テーマ] 世界のクラブに見るスポーツITビジネスの最新動向
~どうなる今後のスポーツビジネス~
[セミナー詳細] https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?spage=pt_22316

[講 師] 株式会社MANAGEMENTIVA 代表取締役
(元レアル・マドリードCF コミュニティマネージャー)
酒井 浩之 氏

[日 時] 2022年7月12日(火) 午前10時~12時

スポーツビジネスに関するプロジェクトゼミに、体験参加していただけます。

スポーツビジネスに関するプロジェクトゼミでは、

「J1クラブの新グッズ開発案件」
「なでしこリーグのスポンサー獲得戦略」
「プロ野球2軍スタジアムの有効活用戦略」
などを検討しています。
参加者は興味のある案件に参加し、企画がまとまったらプロスポーツチームのキーマンに、参加者が直接プレゼンすることが出来ます。
企画が採用されれば、チームが企画を実施。その段階で業務を受託することも可能です。

 

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top