グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

5月24日(火)J1神戸 三木谷会長 涙の続投明言、スポーツの感動をNFTコンテンツ化するとはほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

J1神戸 三木谷会長 涙の続投明言 SNSでクラブハウス訪問を投稿 21日には進退言及

J1神戸の三木谷浩史会長(57)が23日、自身のツイッターを更新し、クラブハウスを電撃訪問した様子を動画で公開した。同会長は選手、スタッフを前に「もう一回、一生懸命にやろうと思いました。このままやり続けるというのも格好悪いのだけれど、格好悪くてもいいと思い、戻ってくることにしました」と声を震わせながら、会長職の続投を明言した。

異色選出のU-19日本代表。多重国籍のバルセロナDF高橋センダゴルタ仁胡ら招集に見るJFAの戦略

23日に発表されたメンバーリストには、Jリーグや日本のユースチームでプレーする選手に加え、3人の「欧州組」の選手が名を連ねた。ブラックバーンのDF前田ハドー慈英、バルセロナの高橋センダゴルタ仁胡、そしてヴァッカー・インスブルックでプレーするFW二田理央である。

3名のうち、二田は日本で生まれ育った選手で、サガン鳥栖U-18に在籍している最中、欧州の舞台へチャレンジすることを選んだ、ちょっと特殊なキャリアの持ち主だ。年代別日本代表にも名を連ねた経験を持ち、高校3年生でトップデビューを果たしてプロ契約を結ぶと同時に期限付き移籍の形で渡欧している。

スポーツ領域の新サービスに見るビジネス創出のポイント・1】サッカー業界の課題解決へ

「サッカーに関わるすべての人に+1の選択肢を。」というコンセプトを掲げた「PLAYMAKER」というサービスをご存じだろうか。PLAYMAKERは、サッカー業界の課題を解決するために生み出されたサービスで、選手とクラブチームのコミュニケーション支援を行う、インターネット上のバーチャル代理人のイメージである。そのほかにもクラブチームからの情報発信やレンタル移籍支援など、サービスを拡充しており、サッカー業界では注目されている。

PLAYMAKERの創設者は、元AC長野パルセイロのプロサッカー選手であった三橋亮太氏。三橋氏は自身のプロサッカー選手としての原体験をもとに「挑戦へのリミットを外す」というミッションを掲げ、さまざまな観点からスポーツ業界における課題に取り組んできた。

 

Web3.0時代を見据えたNFTビジネスプロジェクト「Hakuhodo DY Play Asset」
【第1回】スポーツの感動をNFTコンテンツ化する「PLAY THE PLAY」とは?

PLAY THE PLAYは、プロスポーツに特化した動画NFTコンテンツ発行プラットフォームです。開発は博報堂DYグループ横断で新規事業開発に取り組む組織「ミライの事業室」が手掛けています。この2月に、明治安田生命J1リーグの試合の映像を「動画トレーディングカード」としてファンの皆さんに提供するサービスを始めました。(中略)
PLAY THE PLAYの大きなポイントは、権利ビジネスであるということです。選手の肖像権や試合の放映権の所有者は、スポーツによって異なります。動画トレカのようなコンテンツを手掛けるには、権利関係を把握し、交渉先を見極めながら、ビジネスの形を整理するノウハウが求められます。これまでさまざまなスポーツビジネスを手掛けてきた博報堂DYメディアパートナーズグループには、そのようなノウハウがあります。

また、映像編集などのクリエイティブ力、コンテンツ展開のプランニング力、外部のパートナーとのネットワーク力などがあるのも僕たちの強みです。外部のパートナーには、権利ビジネスやNFTに詳しい法律の専門家もいらっしゃいます。法律や規制などルールをしっかり踏まえながら、新しい時代に即した権利ビジネスをデザインできるプレーヤーは、日本国内にはそれほど多くないと思います。僕たちはデジタルコンテンツの販売ビジネスではなく、Wab3.0時代におけるデジタル知的財産(IP)のビジネスモデルの探索と確立にチャレンジしているのです。

FC町田ゼルビアと経営学部が教育連携。学生たちがホームゲームでの集客案のプレゼンテーションを行いました。

また試合時の入場料以外にもさまざまな収益の柱があること、余暇の楽しみ方という観点では近隣のJリーグチーム以外にも多くのライバル(他のプロスポーツチーム、テーマパーク、ショッピングモールなど)が東京・神奈川エリアには存在していることなど、企業のトップだからこそ語れる実情を、分かりやすく学生たちに語っていきました。その上で「強力なライバルの多い東京都でゼルビアのホームゲームを選んでもらうために、あなたが社長ならどんなことをしますか?」と、試合の来場者数アップのための施策を出題。学生たちは5、6名のチームに分かれて企画を立案し、1週間後の19日に再度大友氏をお招きしてプレゼンテーションを行いました。ここではそれぞれのチームのプレゼンテーション内容を紹介します。

埼玉西武 本拠地で「交流戦グルメ2022」販売決定!

対戦カード別グルメ」は、横浜DeNAベイスターズ、読売ジャイアンツ、広島東洋カープの3チームの本拠地やチームカラーにちなんだグルメが登場。横浜DeNA戦では、青色のスウィートマヨネーズと星形のトルティーヤを使った「スタースウィートマヨポテト」、巨人戦ではオレンジをイメージした「オレンGカクテル」、広島戦では「真っ赤なカキフライカレー」など、目にも楽しい限定グルメをそれぞれ10種類、合計30種類販売する。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top