グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

5月6日(金)メッシ所属パリSG、7月初の日本ツアー、きらぼし銀行が取り組むスポーツ支援ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

メッシ所属パリSG、7月初の日本ツアー…対戦候補に川崎、浦和、G大阪

近年は欧州のビッグクラブがアジアでのプロモーションを兼ねた親善試合を積極的に行い、2019年夏にはフランス代表FWグリーズマン(現Aマドリード=スペイン)擁するバルセロナ(同)と、チェルシー(イングランド)が来日。埼玉と神戸で世界の技を見せつけた。新型コロナウイルス禍の20年以降では欧州クラブの来日は初となる。

セリエA、メタバースで試合中継

セリエAは、5月1日に行われたACミラン対フィオレンティーナの一戦を、メタバース上で中継した。

主要なプロサッカーリーグがメタバース上で試合中継を行うのはこれが初めてである。

今回活用されたメタバースはThe Nemesisというプラットフォームで、中東・北アフリカ地域のユーザーが対象となった。

「スポーツの力を活用して、地域と共に歩む存在に」 きらぼし銀行が取り組むスポーツ支援

冠試合に合わせて、スタジアムの入り口ではSDGs体験ブース『東京都の木材を使って自分だけのコースターを作ろう』を実施。このSDGs体験ブースには、スピアーズと同じく江戸川区陸上競技場をホストスタジアムとし、きらぼし銀行が協賛する東京23FCの選手とスタッフがサポートに駆け付けた。その効果も相まって多くのファンが列を作って順番を待っていた。

「“木育”をテーマとして、東京都檜原村の木材を使ったオリジナルのコースターを自作してもらうブースを出しました。お客さまにヤスリがけをしてもらい、東京きらぼしフィナンシャルグループのロゴの焼印を押してプレゼントする、というものです。先着100名様限定だったのですが、予想以上の人気ですぐに満員御礼となってしまいました。もともとはお子さま向けの企画だったのですが、大人の方にも人気でしたね。その他にも、クボタスピアーズのチームロゴをあしらったフェイスタオルをノベルティとして配布しました。

最新 子どものスポーツ能力測定 “向いている競技”を瞬時に判断

子どもの運動不足が心配される中、最新の機器を使って、運動能力を測るイベントが行われた。
5日、神奈川・川崎市で行われたスポーツの体験イベント。
行われていたのは、スポーツ能力の測定。
小学生の子どもたちは、最新の測定機器を体に巻きつけ、スプリントやバランス能力など、6種類の運動能力を測定する。
測定結果はすぐに出て、運動能力をアップさせる方法や、向いているスポーツのアドバイスももらえる。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top