グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

4月21日(木)「なぜ日本のスポーツの“産業化”は欧米から遅れたのか」立ちふさがる賭博罪の壁 東京五輪、計230億時間視聴 テレビとデジタルで、IOC発表 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

「なぜ日本のスポーツの“産業化”は欧米から遅れたのか」立ちふさがる賭博罪の壁

DX時代のスポーツ産業をつくるため「スポーツエコシステム推進協議会(以下協議会)」が1月31日に設立し、4月19日に政財界やスポーツ関係者を招待した記念イベントが都内で開かれた

東京五輪、計230億時間視聴 テレビとデジタルで、IOC発表

【ジュネーブ共同】国際オリンピック委員会(IOC)は20日、昨夏の東京五輪は動画の視聴時間を視聴者数でかけた数字がテレビとデジタル分野の合計で230億時間になったと発表した。同日公表したマーケティング報告書によると、五輪放送サービス(OBS)は1万200時間にわたる映像を制作したという。

佐々木朗希は「圧倒的」超えて「超越的」 “2戦連続完全”に米メディア震撼

ロッテ佐々木朗希投手は17日に本拠地ZOZOマリンスタジアムで行われた日本ハム戦で、8回102回を投げて14奪三振パーフェクト投球。完全試合を達成した10日のオリックス戦に続く無双投球は、米国にも衝撃を与えている。多くの米メディアが「圧倒的という言葉では足りない」「日本の天才投手」といった言葉で快投を伝えた。

“神の手”マラドーナ氏が伝説の試合で着用のユニフォームがオークション

サッカー・元アルゼンチン代表の故マラドーナ氏が「神の手」でゴールを決めた際に着ていたユニフォームのオークションが始まり、初日は日本円で6億6000万円の値がついています。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top