グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

4月8日(金)大谷翔平年間スポンサー料、24億円超か、日本郵政グループのオウンドメディア「JP CAST」ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

大谷翔平の年間スポンサー料、24億円超える見通し 昨年の3倍以上

現在27歳の大谷はいま、その手にした世界的スター選手の立場から、さらに多額の報酬も手に入れようとしている。今年のフィールド外での収入は、およそ2000万ドル(約24億7600万円、税引き前・エージェント手数料込み)になると予想されている。

これは、(約600万ドルとされた)前年のスポンサー契約料の3倍以上の額にあたる。また、フィールド外で得る収入のランキングで今年2位のフィラデルフィア・フィリーズのブライス・ハーパーの収入(約650万ドル)の、3倍近い金額でもある。

W杯へ予行演習…鎌田大地25歳が「楽しみ」と語るバルサ戦 天才ペドリは19歳だが「欧州で20歳なんて特別に…」〈ELで4得点〉

この抽選会の直後に、大会を主催する連盟は、鎌田のインタビューを実施した。なぜなら、彼はヨーロッパリーグで際立った活躍を披露しているからだ。これまでに本戦だけで18試合に出場し、日本人選手として最多の通算10得点。今季だけでも4ゴールを挙げており、そのなかにはレアル・ベティスとのラウンド16第1戦で奪った決勝点も含まれている。

不思議にも最近の日本代表からは外れているが、この25歳の攻撃的MFは本場で注目されているのだ。

イギリス、ギャンブル広告のアスリート起用を禁止へ

イギリス広告慣行委員会は、ギャンブル関連企業が広告(テレビ・ネットCM、印刷出版物、看板広告など)にアスリートを起用することを禁止する方針を発表した。

同時に、スポーツチームの公式ユニフォームやスタジアムを活用した広告活動も禁止された。
イギリススポーツ界において、ギャンブル関連企業は重要なスポンサーであった。

 

日本郵政グループのオウンドメディア「JP CAST」ローンチから3ヶ月。スポーツコンテンツはどのような効果をもたらしたのか

――スポーツの記事についてはどのような反応が寄せられていますか?

ホンダのレーシングチーム支援の記事や、Bリーグの記事が人気です。もともと日本郵政グループに興味のなかった人たちにも興味を持ってもらえるのは、さすがスポーツコンテンツだなと思います。自分の好きなスポーツからJP CASTにたどり着いてもらって、少しでも日本郵政のことを知ってもらえるといいですね。

人は、自分の好きなものを応援している企業に、いい印象を持つという調査結果があるそうです。スポーツコンテンツにはそういったメリットがあると思うので、今後もスポーツを支援していきたいと思います。

スポーツ施策の新たな方向性を示す「第3期スポーツ基本計画」を解説!《後編》

第3期スポーツ基本計画では上記を踏襲したうえで、国民が「する」「みる」「ささえる」ことを真に実現できる社会を目指すために、新たな「3つの視点」を掲げました。

①社会の変化や状況に応じて、既存の仕組みにとらわれずに柔軟に対応するというスポーツを「つくる/はぐくむ」という視点

②さまざまな立場・背景・特性を有した人・組織が「あつまり」、「ともに」活動し、「つながり」を感じながらスポーツに取り組める社会の実現を目指すという視点

③性別、年齢、障害の有無、経済的事情、地域事情等にかかわらず、すべての人がスポーツにアクセスできるような社会の実現・機運の醸成を目指すという視点

この3つの新たな視点ごとに、重点施策について取り組んでいくことが求められています。それぞれの視点について説明します。

弱くても稼げます!Jリーグビジネスに見る「三方よし」経営スピリッツ『弱くても稼げます シン・サッカークラブ経営論』

『安定した経営基盤はどのような企業にとっても不可欠ですが、サッカークラブにおいてもそれは変わりません。特に藤枝で重要な役割を担ったのはアカデミー&スクール(以下アカデミー)事業でした。とはいえ、これはスポーツクラブの経営でよくみられる親会社収益部門からの損失補填といった枠組みではありません。後述する“選手兼任社員”の取り組みと対をなし、自活する選手が自分たちで事業も行いクラブを成立させるシステムです。
(中略)
当時の藤枝はアカデミー事業を行う子会社(当時の株式保有割合による)を保有していました(現在の株式保有率に基づく法的な位置付けは私が経営するスポーツXの関連会社になります)。先にこの子会社について概要を述べておくと2017年には国内の生徒が1万人を突破、海外でもベトナム・シンガポールに事業を拡げ、2019年末にはグローバルで1万7000人の生徒が通うスクールです。内訳は国内1万2000人、ベトナム4000人(ベトナム最大)、シンガポール600人。そしてこの子会社の成長こそが藤枝の経営基盤でした。』

川崎ブレイブサンダースのデジタル戦略、ファン獲得のマーケティング戦略を詳らかにするビジネス書「ファンをつくる力(仮題)」を5/12に発売

1.身近なスポーツチームを例に「ファンをつくる」ノウハウを解説 プロバスケットボールクラブ「川崎ブレイブサンダース」のマーケティング責任者が、3年で 動員数No.1となるまでを自ら解説。様々な施策やエピソードと共に、デジタルを活用して ファンを増やすことに成功したポイントを明らかにする。

2.NFTもいち早く導入、最先端の「デジタル戦略」を紹介 今やプロスポーツチーム有数の登録者数を誇るYouTubeやTikTok。さらにLINE、Twitter、 Instagram、会員制オンラインサロンやNFTまで、川崎ブレイブサンダースは積極的に導入し てきた。大きな集客効果を得た、こうしたツールの活用法や使い分けを詳細に解説。若年層の ファンをつかむため、どんな業種でも役立つデジタル戦略をお伝えする。

3.精度の高い施策を生む「データ活用術」も指南 効果的な施策を生むために必要なのは、データを整備してきっちりと効果測定すること。デー タ収集と分析、それをもとにどんな戦略を取ったか…ターゲット設定やプロモーション施策な どの実例を絡めながら、データ活用の手法を指南する。

【地域版SOIP 共創事例】FC琉球とOKTコミュニケーションズ、サッカーを応援しながら楽しむお酒のサブスク「FC琉球AWAPASS」本日4月7日より本稼働を開始!…

FC琉球では、これらの課題解決のため、スポーツ庁とeiicon companyが開催したスポーツ組織とのビジネス創出プログラム「INNOVATION LEAGUE SPORTS BUSINESS BUILD」に沖縄地域のホストチームとして参加。「スポンサー、サポーターとの交流を生み出す市場開拓」をテーマに、全国より課題を共に解決をする企業を募集。結果、ちょい飲み支援サービス「AWAPASS」運営のOKTコミュニケーションズが提案した共創アイデア「AWAPASSプラットフォーム※を活用した、FC琉球ホームにおける秘密兵器」を採択。2月からの実証実験(沖縄県内50店舗にてテスト実施)における高い評価を経て、このたび「FC琉球AWAPASS」としての本稼働開始が実現しました。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top