グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

3月24日(木)サッカー日本代表 今夜豪州戦 勝てば7大会連続W杯出場へ 堀江氏の新球団初戦「1000人近い集客」できた事情。西岡剛率いる福岡北九州フェニックスがデビュー ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

サッカー日本代表 今夜豪州戦 勝てば7大会連続W杯出場へ

サッカー日本代表は24日夜、ワールドカップカタール大会の出場権をかけたアジア最終予選の第9戦としてアウェーでオーストラリアと対戦し、勝てば7大会連続のワールドカップ出場が決まります。

堀江氏の新球団初戦「1000人近い集客」できた事情。西岡剛率いる福岡北九州フェニックスがデビュー

1年が経過して「九州」は、独立リーグ界に波紋を投げかける存在になろうとしている。端的に言うと、火の国サラマンダーズは強かったのだ。四国との交流戦では4球団すべてに勝ち越し、しかもNPBファームとの試合でも優勢だった。火の国の打者はNPBの投手から安打を打ってメディアに注目されようと貪欲に立ち向かっていった。

JRA、コロナ禍でも驚異の売上3兆円超え!混戦の高松宮記念は2017年を彷彿

RAは10年連続で右肩上がりの売上増加を続けており、コロナ禍が直撃した昨年であっても2003年以来の3兆円を突破した。さらに先日行われた弥生賞(G2)も、前年比127.4%となる102億9740万5700円の売り上げを記録。G1レース並みの100億円突破には関係者も驚かされたという。これらはコロナ禍で緊急事態宣言やまん延防止等重点措置が施行され、週末を自宅で楽しむ引きこもりレジャーが普及してきた影響といえるだろう。

Jリーグ“声を出す応援禁止”見直し含め検討 野々村チェアマン

野々村チェアマンは会議後の会見で、おととしからJリーグが感染対策として禁止している声を出す応援スタイルについて「科学的な根拠を集めて専門家の意見を聞きながら考えたい」と述べ、観客を再び増やすために、今後見直しも含めて検討する考えを示しました。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top