グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

3月16日(水)買い物がスポーツチーム支援になる方法 デジタル試算でスポーツチームの資産を増やせる可能性 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

買い物をすることでスポーツチームを応援 新時代のクレジットカード「Nudge(ナッジ)」

 提携団体には、J2で戦うサッカーチーム「ブラウブリッツ秋田」やプロバスケットボールチーム「岩手ビッグブルズ」などのスポーツチーム、格闘家の堀口恭司選手といった個人もラインアップされている。スポーツ団体以外には、ゴルフスクールやアーティストのファンクラブ、アイドルグループ、ゲームなどの提携カードもある。

学校スポーツを考察 「イマ.チャレ」23日に配信

 「学校スポーツジャーナル製作委員会」(筑波大アスレチックデパートメント、学校教材サービス「エデュシップ」、読売新聞東京本社)の主催で、国や学校、地域でスポーツ行政に関わったり、部活動のあり方を改革しようと一線で活動したりしている専門家が登壇。スポーツ庁の室伏広治長官=写真=や筑波大の永田恭介学長らも加わり、「これからの学校スポーツはどうあるべきか」などを語り合う。

スポーツチームの収益、デジタル資産で拡大:PwCレポート

この3つの収入源は、チケットのトークン化、放映権のNFT化、デジタルイベントあるいはメタバースでのイベントのスポンサーシップによって顕著な成長を遂げる可能性があるという。

「怪しげなカネ」に頼ってきたサッカーとスポーツ界を待つ未来(4)スポーツを「持続可能」にする「真の投資」の必要性

 いつまでも「ロシアン・マネー」や中東の「オイルマネー」などに依存せずに、スポーツ界は自らの営業活動によって獲得した資金。あるいは、株式を上場するなどして集めた真の意味での「投資」資金を使って活動していくべきなのではないか。そうした“正当な”資金によって活動することこそが道徳的に正しいのと同時に、真の意味で「持続可能」な仕組みなのではないだろうか。

「このままなら羽生結弦はつぶされてしまう」選手のアイドル性を異常に高める金メダルという呪い

勝者をそっちのけにして敗者に大きくスポットライトを当てる報道に、私はプロスポーツの「人気商売」への偏向を感じたのである。(中略)
スポーツの商業主義化、つまりアスリートの商品化は著しく進行している。金を生み出す存在としてアスリートが使い捨てられないよう、商品価値を高めるイメージ戦略に躍起になる人たちに節度が求められるとともに、ひとり歩きするイメージにアスリート自身が飲み込まれないためのサポート体制が急務だと、私は思う。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top