グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

3月16日(水)ABEMA、11月開幕「カタールW杯」“日本史上初”全64試合、札幌冬季五輪招致意向調査ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

ABEMA、11月開幕「カタールW杯」“日本史上初”全64試合を完全無料生中継

インターネットテレビのABEMAが、今年11月開幕の「FIFA ワールドカップ カタール 2022」の予選から決勝まで全64試合を完全無料で生中継することが発表された。全試合が無料となるのは、日本では史上初となる。

札幌冬季五輪招致、賛成派が過半数 市の意向調査 16日結果発表

札幌市が2030年冬季五輪・パラリンピック招致について、全道1万7500人に賛否を聞いた意向調査で、「賛成」「どちらかといえば賛成」と回答した賛成意見が過半数を占める見通しとなったことが15日、関係者への取材で分かった。結果は最終集計中で、秋元克広市長が16日に発表する方針。国際オリンピック委員会(IOC)は30年大会の開催都市の選考にあたり「住民の支持」を重視しており、意向調査の結果が注目されていた。

【ABeam Sportsコラム#5】パートナーの期待を超える。強いセールス部門への成長プロセス

これまで2回にわたり、「課題解決型」のスポンサー営業手法(第3回:確度の高い営業ターゲット選定、第4回:課題解決型スポンサーメニュー提案の考え方)について解説した。「応援したい」というエモーショナルな理由でスポンサーシップを行うパトロンモデル(応援型)と、コンテンツホルダーのアセットを活用したパートナー企業の課題解決が前提となるビジネスアライアンスモデル(課題解決型)を紹介したが、今回のコラムでは、「ビジネスアライアンスモデル」を目指す上で、スポーツコンテンツホルダーのスポンサーセールス部門が抱える問題点と抑えるべきポイントを紹介する。(文=アビームコンサルティング シニアコンサルタント 春田海人)

Crypt.com、レブロンとのパートナーシップを通し彼の学校でブロックチェーン学習のサポート

・仮想通貨など取り扱うフィンテック系企業とプロスポーツチームやアスリートとのパートナーシップ
・アリーナ命名権を取得し、有名アスリートを起用したCMを放映など大々的に企業名を露出する
・さらに、アスリートが支援する学校でブロックチェーンなどWeb3.0の教育を提供する社会貢献活動を同時に行う

中央大学 商学部、ドイツのプロサッカークラブと連携サッカークラブ経営に関するオンライン研修を開催―現役プロの指導で、実践的なスポーツ ビジネスの実務・応用力を身につける―

中央大学 商学部では、2022年2月8日(火)~2月14日(月)の7日間、ドイツのプロサッカークラブであるブンデスリーガ所属の『フォルトナ・デュッセルドルフ』と提携したサッカークラブ経営に関するオンライン研修を行いました。
本研修は、スポーツ ビジネスの実務と応用力を学ぶ授業「スポーツ・ビジネス・プログラム」内の「グローバル・スポーツ・ビジネス・キャリア(明治安田生命協賛講座、担当教員:商学部教授 渡辺岳夫)」を受講した学生の中から選抜された10名を対象に実施されました。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top