グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

3月2日(水)テニスツアー・4大大会はロシア選手の出場認める、デジタルを活用した武道ツーリズムの最前線

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

テニス男女ツアー大会、4大大会はロシア&ベラルーシ選手の出場継続認める

テニスの国際連盟(ITF)、男子ツアーを統括するATP、女子ツアーを統括するWTA、各4大大会主催者は1日、合同声明でウクライナに侵攻しているロシアと、同盟関係あるベラルーシに対する措置を発表。ロシアとベラルーシの選手が4大大会、ツアー大会に引き続き参加することを「現時点で」は認めた。

コロナ時代の新たなチャレンジ!デジタルを活用した武道ツーリズムの最前線に迫る

「武道ツーリズム」とは、武道や武術の見学、観戦、実技体験、施設見学等、発祥の地である日本でしか体験できない、スポーツと文化(伝統文化・精神文化)が融合した、希少性の高いツーリズムです。

スポーツ庁は、2016年より文化庁、観光庁と連携し、スポーツと日本の文化芸術資源を融合させた「スポーツ文化ツーリズム」を推進しています。2017年に、訪日外国人上位7ヶ国・地域へのマーケティング調査を実施したところ、「武道」「大相撲」は各国で「みるスポーツ」としての意向が高いことがわかりました。特に、武道は海外でも愛好者が多く、受入体制やコンテンツを整備することで、海外の愛好者・日本文化関心層に対して、発祥地である日本への関心・訪日意欲を喚起することができるという結果を得ることができました。

ボールパークを多世代交流の場へ。ファイターズがFビレッジに認定子ども園を開園

Fビレッジ全体では、地域活性化や社会貢献につながる「共同創造空間」を目指す。これまでの発表だけでも、地上14階建の大規模レジデンスや、農業機器大手・クボタの最新技術を用いた農業学習施設、ミニチュア版フィールドや遊具を備えたキッズエリアなど、施設の充実が図られている。

さらに2024年6月には、カフェやフィットネスエリアを併設した大型シニアレジデンスとメディカルモールの開業も予定。子どもから高齢者まで、あらゆる世代が集う場所になりそうだ。

リバプール 、地元の中小企業の支援強化も含めたパートナーシップ

地元を代表する世界的なスポーツクラブの試合で、自分たちの取り組みを称えられることは、リバプールの中小企業の人たちにとって一世一代の晴れ舞台となり、彼らに大きな活力をもたらすことができるはずだ。クラブにとっては、自分たちは世界中のファンを大切にすると同時に、あくまで地元あってのチームであることを強調できる。その姿勢はリバプールの人々だけでなく、世界中のファンからも支持され、チームへのロイヤリティー向上に寄与するはずだ。

そして、Vistaはリバプールが世界中に発信力を持っていることで、小さな街の中小企業をサポートし、地域貢献というSDGsの側面もある活動を行いつつグローバルに自分たちの認知度を大きく高められる。まさに、自分たちの強みを存分に生かした理想的な形で、座組みの素晴らしさが際立つパートナーシップではないだろうか。

#210 マネージャーが磨くべき5つの”技”とは

マネージャーは数字に強くなり仮説思想を磨く。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top