グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

2月25日(金)ウクライナの英雄シェフチェンコ氏が訴え「戦争は必要ない」、ラ・リーガ「国際化」で視聴者数3割増ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

ウクライナの英雄シェフチェンコ氏が訴え「ロシアに攻撃をやめるよう呼び掛けて」「戦争は必要ない」

同国の英雄で、同国最多の代表通算48ゴールをマークしたシェフチェンコ氏は「ロシアによる全面的な戦争が始まってしまった。私の家族が攻撃を受け、危険にさらされています。ウクライナとその国民は、平和と領土の整合性を望んでいます」とつづり、「どうか、私たちの国・ウクライナを支援し、ロシア政府に攻撃と国際法違反をやめるように呼び掛けてください。私たちが望むのは平和だけ。戦争は必要ない」と訴えた。

レアル下部の中井卓大が新たに2年契約「とても誇りに思います」快挙トップ昇格まであと1段階

スペイン1部レアル・マドリードの下部組織に所属するMF中井卓大(18)が、新たに2年契約を結んだことを24日に発表した。これまではユースにあたるフベニールA(19歳以下)でプレーしていたが、トップチームの1つ下のカテゴリーであるカスティージャ(3部相当)に所属する。

グローバルネットワークは5倍、視聴者数は世界で3割増。ラ・リーガの「国際化」はいかに成功したのか?

こうした取り組みが、グローバルでの視聴者数の増加という結果につながった。2020/21シーズン時点では、5年前と比べてアフリカでは11倍以上となる1168%増、アメリカ大陸では39%増、アジアでは25%増を記録。全世界では30%増加することとなった。

対照的に、欧州では1%増のみ。スペイン国内、あるいは欧州内だけにとどまっていたら、これほどの成長はなかったともいえる。(中略)
投資ファンドCVCとは、19億9400万ユーロ(約2500億円)の資本注入をもとに、ラ・リーガのさらなる国際化を進めるプロジェクト「Boost LaLiga」を開始する。出資額の90%は直接各クラブに渡るとされ、各クラブは最大でその70%をテクノロジー、イノベーション、国際化への投資に、15%を選手の契約に、残りの15%を負債の返済に使うことができる。

日本ハム新球場の隣に「認定こども園」 異色の取り組み、設計は“チームラボ”が担当

水辺や芝生が広がる新球場の南側に開園予定。設計デザインは、デジタルコンテンツ制作会社・チームラボの建設集団である「チームラボアーキテクツ」が担当。全身を使って空間を体験できる園舎が出来上がる予定だ。

球団の前沢賢取締役は「スポーツビジネスにおいて子どもは財産だと思っており、ボールパーク構想がスタートした時から是が非でも実現したかったのが、保育園・幼稚園でした」との思いを明かし「これからの時代を担う子どもたちとともに、Fビレッジ全体も成長していきたいと思っております」とコメントした。異色の取り組みで、多世代交流の拠点としての街づくりを目指す。

 

アメリカ女子サッカー代表選手、2400万ドルでサッカー協会と和解

アメリカ女子サッカー代表選手が、賃金や労働条件に関する男女差別を主張し、サッカー協会を相手取って起こした訴訟が和解に至った。

2022年2月22日に裁判所に提出された書類によれば、サッカー協会は2200万ドルの直接補償を選手たちに支払い、さらに200万ドルを選手たちの引退後の支援や女子サッカーに関連する慈善活動に対して支払うという。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top