グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

1月26日(水)藤枝東の県外生徒受け入れ問題 東学大のサッカー部ブランディング効果 アメリカの審判の「命の危険」とは ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

藤枝東高、サッカー部29人を県外から単身で受け入れ 県教委の規定に違反

県教委によると規定では、県外の生徒が県内の県立高に通うには原則、保護者と一緒に県内へ転居しなければならない。ところが、藤枝東高は県外生徒を単身で受け入れ、以前はビジネスホテルだったという集合住宅に住まわせている。学校は集合住宅を管理していない。

営利目的でない大学サッカー部がブランディングするワケ/東学大の広報活動

積極的な広報活動が功を奏し、チームに還元される事例があった。山口さんは「(21年シーズン)後期からユニホームの胸にGPSの会社の『Fitogether』って付いているんです。選手がGPS(ウエアの電子パフォーマンス追跡システム)を取り入れたいっていっていたんですけど、結構高くて契約できなくて。でも(Fitogether Inc.社が)うちの広報活動に興味をもってくれて、『Stones』や胸ロゴで紹介してくれるなら無料で良いですよって提供してもらっているんです」。

米国のスポーツと暴力、命を脅かす一面も 全米の審判13%は「襲撃を受けた経験あり」

 全米のスポーツ審判を対象にした調査でも、約13%が襲撃を受けた経験があると回答しており、男性審判の48%、女性審判の45%が審判をしていて危険を感じたことがあるとしている。

DAZNが年間視聴ランキングトップ10発表 サッカー独占、根強い代表人気 J1からは1試合

 トップ10はサッカーが独占する形となり、1~5位はいずれもカタールW杯アジア最終予選に。アウェー戦の地上波放送が消滅する事態に陥った影響もあって1~4位がアウェー戦となり、5位には地上波でも放送されたホームのオーストラリア戦がランクインした。代表戦の根強い人気を裏付ける結果となった。

冬季国体アイスホッケー コロナで栃木と宮城が棄権

宮城県スポーツ協会も同日、アイスホッケーチームの関係者1人の陽性が確認されたため棄権を発表。該当チームが成年男子、少年男子かは明らかにしていない。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top