グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

1月24日(月)池江璃花子が自由形予選で「バタフライ」、御嶽海大関昇進ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

【会場どよめき】池江璃花子が50m自由形予選を「バタフライ」で泳ぐ

最終日の23日、池江璃花子選手が50m自由形に出場しました。その予選、珍しい光景に会場からは大きなどよめきが響きわたります。なんと、他の選手がクロールを泳ぐ中、ただ1人池江選手は「バタフライ」を選択。さらに全体2位の好タイムで予選通過を果たします。

これについて池江選手は「めったにできない経験。バタフライは日本でも戦える位置にいることを改めて実感することができました」と満足の様子。

御嶽海大関昇進へ 審判部が臨時理事会要請 長野県出身227年ぶり

26日の臨時理事会、春場所の番付編成会議を経て正式に決定する。

大関昇進となれば、長野県出身では1795年の雷電以来、227年ぶりとなる。東洋大出身では初めてだ。

「つくる」スポーツビジネスのススメ 上林功・追手門学院大准教授

第1期が12年から17年3月、第2期が17年から22年3月、実はこの4月から第3期スポーツ基本計画が施行されます。みなさん、ご存じでした?

第1期、第2期のスポーツ基本計画は国政・地方自治体のスポーツ事業の基盤となってきました。オリパラが終わった今、第3期スポーツ基本計画は新たな日本のスポーツの在り方を示していると言ってよいかもしれません。従来、スポーツの関わり方は「する」「みる」「支える」の3つに代表されてきましたが、第3期では新たな視点が加わることになりました。「つくる」スポーツと「はぐくむ」スポーツです。

 

女子陸上からバスケ、パラ競技まで。日本郵政がオウンドメディア「JP CAST」を開設、スポーツコンテンツも展開へ

「あまり知られていないかもしれませんが、日本郵政グループは地域に根付いた全国約2万4000局の郵便局を活かし、様々なスポーツへの支援を行っています。150年にわたって地域の生活をお支えし地域とともに発展してきた日本郵政グループが、どのような意図や目的でスポーツ支援を行っているのかをJP CASTを通じて知っていただければ」と話すのは、日本郵政 広報部の池辺恭平さん。

#67 スポーツ施設の主な事業手法とは?

ラグビーリーグワンどう運営? 事業トップに聞く

「パートナー企業の営業などは代理店にお願いする方が楽だが、10人弱の社員でやっている。素人集団だけれど、企業スポーツの感覚を変えるためにも苦労した方がいい。努力の成果で優勝できれば達成感がある。事業も同じ。今後は行政、地域との関わりを強くするための人を増やしたい」

――収益の見通しは。

「初年度の事業規模は20億円弱。うち自前で稼ぐのは最大6億~7億円。初年度のパートナーシップ収入は目標の約1億円をクリアし、2年目の目標の1億8000万円くらいに届きそうだ。ファンクラブも好調で初年度の目標の2300人は見えた。ただ新型コロナウイルスの拡大で状況は変わる。3~4年で稼ぐ額を倍以上にしたい」

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*


上の計算式の答えを入力してください

*
* (公開されません)

Return Top