グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

12月22日(水)大谷翔平、スポーツ史上最高のシーズン1位へ 令和5年から部活外部委託本格化 中国でスポーツの指導員が足りない ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

大谷翔平、2021年の二刀流がスポーツ界の頂点に 米誌が史上最高のシーズンに選出

 米誌「スポーティングニュース」が21日、スポーツ史上最高のシーズンTOP10を発表し、エンゼルス・大谷翔平投手が堂々の1位に輝いた。投打の二刀流で歴史的なシーズンを過ごした“2021年の大谷”がまたも歴史に名を刻んだ。

スポーツ団体 教員の負担軽く…部活動担う助っ人

文部科学省は令和5年以降、段階的にスポーツ団体などへの外部委託を進める方針で、まずは公立校の休日の部活動から始め、将来的には教員の勤務時間外の部活動すべてを移行していく考えだ。

NHLは北京五輪不参加 コロナ感染再拡大で

現地メディアによると、カナダや米国など強豪国の主力の多くがプレーするNHLでは、これまでに32チームのうち11チームが活動を一時停止。

【前回大会の2倍】スポーツで考える力を育み、全国大会出場へ

2020年の大会時は導入チームの出場数は19チームだったが、今年は約2倍に増加し42チームが出場。
さらに各都道府県の予選ではサッカー41チーム、バスケットボール15チーム、ラグビー13チームの合計69チームのユーザーがベスト4入り。

北京市の高校入試体育テスト改革でスポーツ教室が大人気に

スポーツ教室市場でコーチ不足が深刻となっているほか、中国教育部(省)の統計によると、一部の学校では、生徒 2600人に対して、体育教師 2人しか手配できないという現実に直面している。そのため、多くの学校は教職員の中からヒューマンリソースを深く発掘するほか、相応の社会資源も動員している。

2022年のスポーツNFT取引額は前年の倍増、2000億円以上とデロイトが試算

世界最大手の会計事務所であるデロイト(Deloitte)は、ブロックチェーン技術開発の新分野として急速に伸びているスポーツNFT(非代替性トークン)の取引額が2022年には、21年の2倍ほどの20億ドル(約2,260億円)に達するだろうとの予測を公表しました。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top