グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

12月10日(金)2021最もツイートされたのは大谷翔平選手 横浜から球団発・ビジネススクール、サッカークラブができる地域創生 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

エンゼルス大谷翔平、「今年最もツイートされたスポーツ選手」で1位 昨年3位から巻き返し

エンゼルスの大谷翔平投手(27)が9日、ツイッタージャパンが発表した「今年最もツイートされたスポーツ選手」で1位に輝いた。昨年はサッカーの本田圭佑が1位で、大谷は3位だったが二刀流でア・リーグMVPにも輝いた今年は巻き返した。

JFAがストライカーキャンプを実施 前田遼一コーチ「ゴール前でミスを恐れず仕掛けることを期待」

また、練習後には個別ミーティングを実施。海外や日本代表のストライカーのプレー映像を共有した。11月の合宿では日本代表の吉田麻也と冨安健洋がビデオで登場。世界で戦うDFが見た世界のストライカーのすごさ、大切な要素についてメッセージが届けられた。

球団がビジネススクール 地元・横浜を魅力的な街に

ゲストの話を聴くだけではなく、ワークショップで参加者が自ら考える場を提供し、横浜DeNAベイスターズ社長の木村洋太から直接フィードバックを受ける機会も設けました。参加者の皆さんの満足度が高いビジネススクールとなったようです。

チームファンだけでなく、地域住民や他地域を巻き込んだ地域創生の実現へ。YELLtum、フードフェスティバルとスタジアムグルメ EC を提供開始。

フードフェスティバルは、様々な地域と連携することでスポーツチームのホームタウンに様々な地域の人気店が集結し、チームファンだけでなく、地域住民や他地域を巻き込んだ地域創生の実現を目指します。スタジアムグルメ EC は、スポーツチームのホームスタジアム内で人気のグルメを YELLtum プラットフォーム が提供する EC で購買できる仕組みです。

Jクラブが背負うべき使命とは? STVV立石敬之が考える「クラブが稼いで地域に還元する」仕組み

また、日本産食材を使っている飲食店の情報がまとまっているサイトをつくり、SNSでその情報を拡散したりと、フットボールクラブでありながら広告代理店のような機能も持っています。来年はベルギーだけでなく、フランスでも日本産食材のプロモーションを実施予定です。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top