グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

11月24日(水)池田なでしこジャパン初陣に向けて準備着々 東海大福岡 上本銀太レノファ山口FC内定 スポーツビジネスとマーケティング ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

26日初陣の池田なでしこジャパン 清水梨紗「勝つことが一番」…東京五輪分析からテーマは「奪う」に設定

「奪う」を強いテーマに、10月の国内合宿でも積み上げ。国内合宿不参加だったMF長谷川唯(ウェストハム)ら海外組が合流した今合宿でも、ミーティングでは映像を用いてコンセプトの共有を図り、「全員の意識を統一するための練習」と攻撃面の連係確認などを行った。

マーケティング視点で見たスポーツビジネス。

マーケティングは経営に近いところにおいて、スポンサー関係だけでなく、放送、チケットも網羅した組織体にしているチーム、リーグが力を発揮している例が今は多く、スポーツそのものだけでなく、組織や運営、バックオフィスがプロでないと結果が残せないフェーズに入ってきています。

部活との両立が大学受験にマイナスになったと回答した高校生は約1割!部活と受験の両立の成功のカギは「学習時間の効率向上」【部活生の大学受験に関するアンケート】

(2)部活生が受験の対策を本格的に始めたのは、「高校3年生4月〜9月」が最多だが、
多くの人が「高校2年生の7月〜3月」から始めておけば良かったと回答。
(3)部活動との両立の中で受験を成功させるためには、「学習時間の効率向上」が
重要だと約6割が意識していた。

西日本屈指のCB。東海大福岡DF上本銀太がレノファ山口FCに加入内定

1対1にも強く粘り強くボールを奪い取れる。加えて、左右両足から繰り出すロングフィードで攻撃の起点としても機能、西日本屈指のCBだ。

部活を巡る進路問題の「現状変えたい」 高校サッカー部紹介サイト運営者の使命感

 3桁を超える部員を集めた多くの強豪高校は、不都合な事情が漏れない体制を築き上げて華やかな結果を残してきた。サッカー小僧たちには表面的なチームの成績しか見えないから、強いかどうかでしか判断ができず、どうしても憧れだけで進路を選択する。こうしてミスマッチが連鎖してきた。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top