グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

11月10日(水)スポーツの勝敗が後半で決まる脳の理由 浦和が声だし応援に向けて実証へ スポンサーはロゴを買ったら終わりなのか ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

なぜスポーツの勝敗は後半戦で決まるのか?脳機能との知られざる関係

サッカーのゲームでは前半と後半、どちらが血液中の乳酸の量が多いでしょうか。ゲームが長引くほど糖質が分解されてどんどん乳酸が増えるから後半?

コロナ禍の部活、なぜ加入率微増? バドは急増、発信力が鍵握る 兵庫の高校

現在でも県2位の登録人数を誇る同部。裾野を広げるため、県バスケットボール協会は幅広い世代が交流する「県バスケットカーニバル」を毎年開催。今年からは全国高校選手権県予選の決勝をサンテレビのユーチューブチャンネルで生配信してもらうなど、魅力発信にも努めている。

浦和、声出し応援の技術実証へJ1、ホーム清水戦で

J1浦和は9日、清水との今季ホーム最終戦(27日・埼玉スタジアム)で発声を伴う応援などを実験的に認める方向で調整中と発表した。新型コロナウイルスの影響で「声を出す」「人と接触する」形式の応援が制限されているが、緩和のための技術実証をJリーグが政府に申請している。

日本代表に逆風、搭乗機が遅延ベトナム戦への調整に影響

ただでさえ準備期間が短い日本に、さらなる逆風が吹いた。11選手を乗せたオランダ発のチャーター機が給油地ロシアでのトラブルが原因で遅れ、試合前々日も全員での練習はできなかった。格下のベトナム戦とはいえ予断を許さない状況だ。

巨大なスポーツスポンサーシップ世界市場の実態

「日本企業はスポンサーシップを買ったら、そこでおしまいになっているケースも見られる。看板や胸のロゴなど名前の露出といったアソシエーションで終わっている。実は、スポンサーシップは買ってから始まることなんです。欧米の会社は、アセットを使って、いかに顧客とのエンゲージメントを深めるかということに焦点を置き、高額なスポンサーシップ以上のお金をかけてアクティベーションしている」

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top