グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

10月13日(水)田中碧が読者選出のMOMに コロナが子どもの肥満とゲーム障害を増加させている ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

サポーターが選ぶMOMは田中碧が最多「中盤のシステムは見事でした」…森保一監督には厳しい声も

 スポーツ報知では試合終了直後にツイッター「スポーツ報知 サッカー取材班」アカウントでサポーター向けにアンケートを実施。マンオブザマッチに選ぶ声は圧倒的にMF田中碧(デュッセルドルフ)が多く、続いて決勝点となるオウンゴールを呼んだ浅野だった。

感覚過敏の子どもたち 特別な部屋で日本代表のサッカー観戦

この取り組みは、強い光や大きな音などに敏感に反応してしまう「感覚過敏」の特性がある子どもたちにも、安心してスタジアムで試合を楽しんでもらおうと、日本サッカー協会が行ったものです。

バルセロナ、来季の新メインスポンサーに71億円以上の支払いを希望

現在の“胸スポンサー”楽天から支払われている年間5500万ユーロ(約71億5000万円)以上の金額を求め、新スポンサーを探していることを強調した。

コロナ禍の子供の「活動量低下」が肥満とゲーム障害を増やす

「運動時間とスマホなどの画面を見る時間を調べたスポーツ庁の調査では、男子・女子ともに運動やスポーツが好きな子供ほど画面を見ている時間が少なく、逆に嫌いな子供ほど画面を見ている時間が長いとの結果が出ています」

日本人選手らへの残酷な扱いを阻止へ ヒューマン・ライツ・ウォッチが日本に虐待調査センター創立を嘆願

ヒューマン・ライツ・ウォッチは2020年7月、日本の未成年の選手らがトレーニング中に身体的、性的、言語上の虐待を繰り返し受けているという報告書を発表していた。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top