グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

9月17日(金)大谷翔平に異変103年ぶり偉業に暗雲か、日本におけるスポーツスポンサーシップの課題ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

【MLB】大谷翔平に異変 18日アスレチックス戦の登板回避が決定、103年ぶり偉業に暗雲か

大谷は15日(同16日)の試合前練習に行ったキャッチボールで右腕に張りを感じたという。今後については状態を見極める方針だ。前回登板10日(同11日)のアストロズ戦では4回途中6失点で今季2敗目。被安打9はメジャー自己ワーストで自身の連勝が8で止まった。

今季は21試合登板し、9勝2敗、防御率3.36。勝てば両リーグでは1918年ベーブ・ルース以来103年ぶりの「2桁勝利&2桁本塁打」の偉業達成となる

大谷翔平 第5打席で右足に死球 ぶつけた投手と監督が退場

エンゼルス大谷翔平投手(27)が、9回2死の第5打席で右ふくらはぎに死球を受けた。これが故意死球と見なされホワイトソックスのライト投手が退場。さらにこの判定に抗議した同ラルーサ監督も退場処分となった。

スポーツ政策学生会議2021

大学生が日本のスポーツ政策やスポーツ産業振興策に関する研究成果を発表するイベント。イベント内では、学生同士がスポーツ政策やスポーツビジネスについて議論するほか、スポーツ分野の研究者、実務家による評価と表彰も実施される。
10月23日(土)、24日(日)
会場 オンライン(Zoomおよびウェビナー)と東京都内会場(確定し次第、ご連絡いたします)

スポーツから“見返り”を求めることは「悪」なのか…? 日本におけるスポーツスポンサーシップの課題

リバプールFCは、「我々のチームが持つ影響力は、貴社の課題を必ず解決し、目的達成に貢献することができますよ!」と自信を持ってアピールできるのだ。それによって、決して一方通行でない“パートナーシップ”が成立する。

一方で、スタンダートチャータード銀行のほうも、自社の課題や目的が何であるかをしっかり認識し、それを解決・達成するためにリバプールFCの影響力をしっかり「活用」している。

この「活用」の部分が日本の多くのスポーツスポンサーシップにおいて欠落しているのは、企業側が「自社の課題や目的の認識」という大事なプロセスを見落としてしまっているからだと思う。

 

スポーツビジネスアカデミー | THE BASE

SBAでは、これまでの(受講生の交流が生みづらい)公開型セミナー形式を改め、完全メンバーシップ形式のオンラインサロンとして、様々な立場の方々のコミュニティーを醸成させ、クローズドの世界の中で本質的な議論を行うべくプラットフォームの構築に舵を切りました。

具体的には、SBA理事メンバーを交えたサロンメンバー間のディスカッション、新規プロジェクトの提案や、オフラインミーティングなどを通したアウトプット型のコミュニティーを目指してまいります。そして、これまで行っていた公開型SBAセミナーについては、今後は会員メンバー限定のサロンとして継続させていきます。

 

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top