グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

9月3日(金)W杯最終予選でまたも黒星スタート森保J大苦戦、鈴木孝幸個人5種目すべてでメダルほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

W杯最終予選でまたも黒星スタート…大苦戦の森保J、終盤失点でオマーンに敗れる

日本代表は2日、カタールW杯アジア最終予選の初戦でオマーン代表と対戦し、0-1で敗れた。攻守に組織的なサッカーを見せたオマーンに内容面でも圧倒され、後半43分にクロスから痛恨の失点。UAEに逆転負けを喫したロシア大会予選に続き、最終予選はまたしても黒星スタートとなった。

鈴木孝幸が銀 パラ50m自由形 個人5種目すべてでメダル

鈴木は今大会、100メートル自由形(運動機能障害S4)で金メダルに輝き、個人5種目すべてでメダル(金1、銀2、銅2)を獲得した。静岡県出身。両脚のほとんどと右腕の肘から先がない「先天性四肢欠損」の障害がある。

【日本代表】負けられない中国戦を前にオーバーワークで酒井宏樹がチームを離脱

FAの説明が以下の通り。「DF酒井宏樹選手が途中離脱することになりましたのでお知らせします。酒井選手はヨーロッパでのシーズン終了後、東京2020オリンピック競技大会に臨むU-24日本代表に合流、事前合宿から本大会まで活動し、直後に所属クラブに合流、そして今回の代表活動への参加という中で、代表スタッフがオーバーワークを考慮し、今回チームから離脱させるという選択を取りました。所属チームでも数日間、休養に充てる配慮をしていただくことになります」。

スポーツ総合雑誌『Sports Graphic Number』の公式サイト『Number Web』が過去最高の月間8000万PV超え!

『Number Web』編集部は昨年9月に編集長が交代し、体制を一新。8月に約1995万だったPVを順調に伸ばし、12月に当時の過去最高記録となる約5215万PVを達成しました。今年に入ってからもPVは続伸し、7月には約6779万PVに。8月はそこから1000万PV以上伸ばして、史上最高となる8123万5085PVに到達しました。

「大学スポーツが実現する地方創生」対談【前編】:スポーツが地域社会に価値をもたらす戦略とは

菅田:筑波大学ADが提供できる社会的価値として、どのようなことが挙げられますか。

山田:まずはスポーツを通じた人材育成、いわゆるコンピテンスの醸成です。アスリートのセカンドキャリアがよく問題になりますが、大学時代に社会的基礎力を付けておくことで、当然ながら学生アスリートの将来のキャリアにも生きるし、スポーツをやる理由も生まれる。ADとしては、学生たちの能力や資質を研究の中で明らかにしていきたいという考えもあります。

菅田:現状、スポーツ経験を通じて社会を⽣き抜く資質が⾝に付いていない、それを体現できていないチームが多いという傾向はあるのでしょうか。

山田:筑波大学は比較的それができているので、ロールモデルとして世の中に示していく使命があると思っています。そのためには先ほどお伝えしたようにエビデンスを研究で明らかにし、しっかりと広報していくことが大事です。これができると大学でスポーツをやる価値はさらに広がるのではないかと。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top