グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

8月30日(月)智弁和歌山3度目V、オリンピックでイメージ刷新された「スケボー」ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

智弁和歌山3度目V!中谷監督が選手&監督で頂点 異例ずくめの甲子園で壮大な夢実現

「ちゃんとやってよ」という言葉を送ってくれた“特別講師”の効果も絶大だった。昨冬に米大リーグ・マリナーズ会長付特別補佐兼インストラクターを務めるイチロー氏(47)から指導を受け、「選手一人一人が見えないところでもやれるようになった」と選手の成長に目を細める。

水谷隼、引退宣言からやっぱり現役続行…“Tリーグ限定”で地元凱旋試合も実現へ

日本代表としての有終の美を飾り、引退宣言となったが、昨年からコロナ禍で国内外の多くの大会が中止となり、東京五輪も無観客開催だった。観客の前でプレーを見せる機会も激減していた中で、引退を惜しむ声も多く、今季は有観客で開幕予定のTリーグはファンへ感謝の思いを直接届けられる貴重な機会だった。

ブレーブス、学生アスリートと業務提携

今後、両選手は、ブレーブスの試合を観戦する様子をSNSに投稿する等の広報活動を行う。
先月7日にNCAAがNIL規則を変更し、学生アスリートのエンドースメント契約が解禁されると、ブレーブスはInstagramで学生アスリートに提携を呼びかけた。

オリンピックでイメージ刷新された「スケボー」 大学のアスリート獲得競争激化も

東京オリンピックでスケボーが新種目に採用されたこと、またメンドーサ氏の能動的な働きかけがあり、シドニー大学は世界で初めてフルスカラーシップをスケボー選手に給付した格好となる。
同スカラーシッププログラムでは、アスリートが勉学とスポーツを両立できるよう様々なサポートが用意されている。
学費は全額免除、遠征試合などで1カ月ほどの時間を要する場合でも、それに応じた対応がなされるとのこと。このほか、数百万ドルが投じられた「ハイパフォーマンスジム」へのアクセス、パーソナルトレーナー、栄養士、スポーツ心理学者からのサポートも受けられるという。
メンドーサ氏は、シドニー大学のこの試みは他の大学にも波及するだろうと予想している。その理由は、スケボーを受け入れる大学は若い世代にとって「クール」に映り、高校生らの注目を集めることができるからだ。

オリパラ・レガシー! スポーツ×地方創生、まちづくり!

政府では、東京2020大会を起爆剤に、「オリパラ・レガシー」として、本格的に、スポーツを活用した特色ある「まちづくり」の全国的なムーブメント(政府では「スポーツ・健康まちづくり」と呼称)を創出していきたいと考えています。

年7兆円市場に ベンチャーが狙う“スポーツベッティング合法化後”

そもそも、スポーツチームの主な収益源は、入場料、放映権料、グッズ販売、スポンサー収入の4つ。従来、スタジアムやイベントを充実させ、集客力を高めることで収益の最大化を図ってきたチームが多い中、コロナ禍でリアルイベントによる収益が消滅することはまさに死活問題だ。

この逆風を受け、収益の多角化を目指す動きが加速している。コロナ禍による収益減の影響に加え、マイナースポーツでは、そもそも放映権やスポンサーによる収益がメジャースポーツに遠く及ばず、新たな収益源の確保は必至だった。メジャースポーツにおける下位リーグにおいても同様だ。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top