グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

6月7日(月)コロナの弊害が2022年度インターハイにも マリノスが挑む「課題解決型ビジネス」 Bサッカー国際大会 日本準優勝 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

スポーツビジネスの可能性を広げる、横浜マリノスの「サッカー×〇〇」思考

「日本もSDGsの条件をクリアしなければ、適正な投資先として選ばれない時代へと変わってきました。それは、これまでの我々の活動が評価されやすい世の中になったことを意味しています。そうしたときに、パートナーとして組んでいただく企業様が、これであれば一緒にやっていきたいというモデルをいかに提示できるかが勝負。サッカーというスポーツ軸と横浜・横須賀・大和というローカル軸をテーマに独自の価値を発揮できるのが、課題解決型スポーツビジネスモデルなのです」(宮本氏)

22年四国インターハイ コロナで高校生のPR活動停滞 開会式運営に不安も

 式典を担当する事務局の鳴川幸恵班長は今夏の大会視察に期待するものの、「新型コロナの状況次第では難しくなる。大会運営について何も見聞きしないまま本番を迎えることにならないか不安」と語った。

上田が猛アピール サッカーU24代表

1トップで先発した上田が五輪代表入りへ猛アピールした。前半32分に体の強さを生かしたポストプレーで久保のゴールを演出。後半11分には中山の左クロスに跳び上がって頭で合わせ、「身体能力を生かせた」。自信を深めた様子だった。

ブラインドサッカー国際大会 日本が準優勝

「大会を通じて日本が目指していくところは間違っていないと感じた。メダル獲得の可能性は50%くらいはあると思っている」と話しました。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top