グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

5月26日(水)プロスポーツが本当に産業化するために必要なものは?アメリカ、WHO…オリンピックは「開催応援」の方向へ?ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

スポーツは政争の具ではない!スポーツビジネスから都市経営を考える組織を作った背景にあるもの

親会社に依存することで成立している日本のプロスポーツは、まだ産業化の初期段階といえます。国が目標に掲げる「スポーツの産業化」を成立させ、スポーツの力を世の中に役立てようと思ったら、政治を動かすことが必要です。今のように、政争の具としてスポーツが利用されているようでは、スポーツをアフターコロナの地域活性化に最大活用することは到底望めません。東京五輪の開催に大きな疑問が投げ掛けられ、多くのスポーツで無観客のゲームが続いている今、スポーツの価値を政治の側にいる人たちに実感させながら、社会資産として活用する道筋を誰かが示さなければなりません。

米、五輪選手団派遣は「限定枠」国民に「渡航中止」勧告の中

 サキ氏は選手団について「特殊な入国・移動のルールと手続き」に基づき渡航すると説明し、一般の旅行者らとは別枠になるとの認識を示した。その上で「五輪を巡る米国の立場に変わりはない」と明言した。

「リスクに対処する」WHOがスポーツ界支援継続を約束

WHOは昨年2月から今夏の東京オリンピック(五輪)・パラリンピックについて、IOCや東京大会組織委員会などがつくる作業部会に入り、助言を送っている。開催可否については権限を持たないとして、これまでも意見は表明していない。

【主張】緩むスポーツ界 使命感持って行動管理を

 コロナ感染が広がった他の球団では、公式戦の中止を余儀なくされた。感染リスクの高い変異株も広がる中では、わずか一人の感染が全体に深刻な影響を及ぼすことも十分にあり得る。感染リスクを伴う行為は、球界全体への背信といっても過言ではない。

『スポーツブランドについての調査』最新スポーツブランド利用率ランキング!

全国10~60代の3,094人に聞いた、スポーツブランドの直近1年購入率ランキングでは1位「アディダス」31.2%、2位「ナイキ」29.4%、3位「ニューバランス」19.4%という結果になりました。ランキング上位にはシューズメーカーの印象が強い会社が並ぶ結果になりました。

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top