グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

5月7日(金)東京五輪開催中止呼び掛けた署名10万筆突破、コロナが襲う大学スポーツを救うカギはほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

宇都宮健児氏 東京五輪開催中止呼び掛けた署名 32時間弱で10万筆突破

都知事選に3度出馬した弁護士の宇都宮健児氏(74)が、5日の正午から「東京五輪開催中止」の呼び掛けを開始したオンライン署名が、6日の午後7時45分の時点で10万筆を超えた。

レスリング高谷、3大会連続五輪

レスリングの東京五輪世界最終予選は6日、ソフィアで開幕して男子フリースタイルの6階級が行われ、86キロ級の高谷惣亮(ALSOK)が4試合を勝って7日の決勝に進出し、2位までの五輪出場枠を手にした。日本協会の選考基準も満たし、3大会連続の五輪代表に決まった。

社会人サッカーを変える!”好んでいなかった”クラファンに挑んだ理由は?

「クラウドファンディングは、資金を集めるだけでなく、クラブとしての価値を上げるためにもやっています。
つまり「シャフユナイテッド」の知名度を上げるということです。
クラウドファンディングを通して、目に止めてもらえるのが一番大事だと考えています。
そして、今回のクラウドファンディングで他の社会人サッカーの運営の意識が変わり、さらに社会人サッカー界が盛り上がればと思っています。」(中略)

ークラウドファンディングを始めてから2週間と少し経ちましたが、何か大きく変化したことはありますか?

「実は、クラウドファンディングを始めた時期に、都リーグ2節での試合で、良い勝ち方をすることができました。
その結果と、クラウドファンディングを始めたことで新しく選手が7名加入しました。
同時に、クラブに体験で加入したいと言ってくれる選手が増えています。」

【GM Interview】サッカーでの挫折からグローバル・ビジネスを目指す HALF TIME磯田裕介代表取締役 前編  世界的経営は「セカンド・キャリア」

その創業4年目までに、まずは;
1. 教育
2. 人材
3. メディア
という3つの柱の立ち上げを完遂。
今後、この3つの柱を武器に、どうシナジーを生み出して行くかをテーマとしている。

「具体的には、『HALF TIME Global Academy』にインターンシップを導入。様々な経験を積んでもらい、そのメンバーを適材適所に企業に紹介……これを早い段階で成功させたい。5年後に上場、アジアでベンチャーとして成功させ『アジアでのスポーツ人材ならHALF TIME』と言われる地位を確立したい」と明快なビジョンを示す。

なぜ高校野球ビジネスを革新した人材がバスケ界に? B1京都ハンナリーズ新社長が挑む進化

「何とかして、あの手この手を使って、モノを売る、コンテンツを売る訓練になりました。そして、そのコンテンツがどう製作されるか、テレビ局の構造を理解することができた。それが最終的に高校野球のネット配信につながっていくんです」
(中略)
バーチャル高校野球を平たく説明すると、夏の全国高等学校野球選手権大会を都道府県大会からリアルタイム、無料で見られる公式ウェブサービスだ。日本高等学校野球連盟(高野連)を筆頭とする競技団体、番組の制作者、スポンサーなどとの調整が発生することは想像に難くない。マルチアングルやスタッツ表示、SNS連動など、技術的にもそれなりに難しいチャレンジだ。

しかし彼らは朝日放送(ABC)と一緒にこの事業を2014年の高校野球選手権からスタートさせ、その後、大会の主催者である朝日新聞とも協業しながら、都道府県大会を一つ一つ説得して取り込んでいった。高校野球好きにとって、秋田・金足農業の吉田輝星、岩手・大船渡の佐々木朗希のような遠方の逸材を現地に行かず1回戦から見られる環境の整備は大きな福音だった。

森田はまず「朝日放送と朝日新聞の中に志のある人たちがいた」と述べる。その上で端緒をこう振り返る。

「朝日放送さんで開かれたデジタルコンテンツに関する勉強会に、リムレットの代表である黒飛が登壇したのが、最初のきっかけです。2010年代はちょうど放送と通信の融合がテーマとなり始めた時期。朝日放送さんも、コンテンツビジネスをデジタルでどうやっていくかを模索していました。その講演の最後に黒飛が『私だったら、高校野球を使ってこういうことをします』と提案したんです」

これは2013年秋のこと。黒飛功二朗はリムレットを立ち上げたメンバーで、その後スポーツブルなどスポーツインターネットメディア事業に特化した株式会社運動通信社を設立している。黒飛の発案に、朝日放送が乗った。

日本を代表するスポーツコンテンツを背負い、今までにないサービスを
朝日放送は大阪に本社を置くいわゆる準キー局で、NHKとともに夏の高校野球を中継している。高校野球は伝統的な文化だが、ウェブメディアとの親和性も高く、コロナ前は観客数も右肩上がりだった。しかし平日昼間に仕事をする人たちにとって、なかなか高校野球をテレビ観戦することが難しい状況もあった。

デジタルの力を使って、見たくても見られない多くの人に高校野球というコンテンツを届けたい。そんな想いがテレビ局側にもあった。朝日放送は中村大輔氏(故人・慶応義塾大野球部出身)が“志”を持って新しい仕組みの導入に尽力した。

森田は電通在職中だったが、黒飛の相談を受けて資料をつくった。彼は年に300ドルを負担してNFLのネット配信を楽しむユーザーで、ネット配信の要諦も理解していた。

「自分も楽しかったですね。日本を代表するスポーツコンテンツを背負って、今まで日本にないサービスをつくれるかもしれないというので、わくわくしながら企画書を書いて、黒飛にパスをしました。彼がその資料を持って、中村さんと一緒に朝日放送の幹部を説得して回ったんですよね」

黒飛、中村の両氏が尽力して事業はスタートする。2015年夏に高校野球選手権の主催者にあたる朝日新聞社を含めた共同事業として、バーチャル高校野球は本格的なスタートを切った。同大会の視聴数は2000万ユニークブラウザーに達し、と同時に、地上波のテレビ中継の視聴率も落ちなかった。高校野球という伝統と、ITという革新が融合したチャレンジは素晴らしいスタートを切り、今もファンの期待に応えている。

 

コロナが襲う大学スポーツ 資金確保のカギは支援法人

「コロナ下で黒字にするのは難しい」。慶応ラグビー倶楽部の専務理事を務める山桜(東京・中央)の市瀬豊和社長らは危機感を募らせてきた。倶楽部では今後、慶応大のラグビーの人材を活用したスポーツスクールなどにも注力しながら資金を得ていく。

強豪チームであるほど指導体制の充実にはコストがかかるため、有力とされるチームにとって支援法人を設立する意味は大きくなる。20年8月には日本を代表するサッカー選手、長友佑都選手の母校である明治大学では、サッカー部を支援する法人が設立された。グッズを販売し、サポーターズクラブを運営する。

大学スポーツを支援する法人に関心が高まるもう一つの理由は、運動部のガバナンス強化につながる面があるからだ。

京大アメフト部は16年に支援法人を設立したことにより、スポンサー10社以上から資金を得て、予算規模が2倍程度の年5000万~6000万円になった。支援法人の三輪誠司代表理事は「企業の支援を受けるために、日ごろの振る舞いや交流サイトの使い方に至るまで、選手のためにコンプライアンス研修を実施している」と話す。

法人を設けると、監督ら個人の名義で銀行口座を開くのではなく、法人の口座となり資金の流れが明確になることなどによっても、ガバナンス改善につながると見込まれる。

大学スポーツの世界は、実力を高めるために指導者をそろえたり、データ分析を進めたりと資金がますます必要になっている。運営体制を法人化し、選手らチームと二人三脚で活躍を目指す動きが強まりそうだ。

先週のニュース

4月23日(金)緊急事態宣言地域で部活動自粛要請も、プロ野球東京D、神宮、京セラ、甲子園GW無観客へ、東京五輪・パラ期間中の観戦イベント中止や見直しほか

4月22日(木)Aマドリード、インテル、ACミラン、ユベントスが欧州スーパーリーグか脱退 参加クラブわずか2チームに ほか

4月21日(水)五輪サッカー抽選会は本日!優秀なGKが育たない日本の「なぜ」、CLからベスト4を追い出せの声続々… ほか

4月20日(火)サッカー界に激震の欧州スーパーリーグ創設発表、「アントラーズビジネスカレッジ」スポーツビジネスにおけるリーダー育成ほか

4月19日(月)「#スポーツを止めるな」が受賞対象に Jリーグ新監督、新外国人ようやくデビュー!オリンピック質問を菅首相スルー ほか

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top