グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

4月16日(金)「現役のうちから次の居場所を」アスリートキャリア教育、スポーツは投資でも面白くなる時代へほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

羽生結弦「成長しているなって思えています」今季自己ベストで2位

16日のフリー「天と地と」で、今季の競技会の演技を締めくくる。3月の世界選手権は銅メダル。「やはり世界選手権での悔しさみたいなものは少なからずあって、リベンジしたいっていう気持ちも少なからずある」とした上で、「その気持ちも認めて、それをプラスアルファ、きょうの演技のように自分が成長したなと思えるような演技をできるように、しっかり自分に集中したいと思います」と静かに闘志を高めていた。

沢村デビュー6戦目で初失点 サノに特大ソロ浴びる

メジャー1年目のレッドソックス沢村拓一投手(33)が、デビュー6試合目で初失点を喫した。(中略)試合は、レッドソックスが、同点で迎えた9回裏、サヨナラ負け。連勝は9でストップした。

「現役のうちから次の居場所を」「新しいものと掛け合わせて」 15競技・30名以上のアスリートが参加する、キャリア教育講座とは

アスリートを対象としたキャリア教育講座『アスリート キャリアオーナーシップアカデミー』は、総合人材サービスのパーソルホールディングスとHALF TIMEが共催し、バリュエンスホールディングスのサポートで運営されている。全12回のプログラムで、2021年2月1日に開講した。

アカデミーには、現役・元アスリートが30名以上参加している。最大の特徴は、講義形式の一方通行のセミナーではなく、グループワークも含めたプログラムであること。キャリアは誰かが与えてくれるものではなく、自らが作るものだという考えに基づいて、主体性を持って取り組むという意味の「オーナーシップ」という名称が用いられている。
(中略)
本格的な講義がスタートしたのは、第2回の「人生100年時代のキャリア論」から。パーソルキャリアの大浦氏が、最新のキャリア論を解説した。

同氏はプログラムのポイントを強調。それは、「学び」ではなく「実践」こそが大事だということ。さらに「講義」ではなく「対話」であること。立場や経験、目指すところの違う人たちとの対話を通して、自分を知り、社会を知り、それを統合していくことを目的としているということだ。
また、「キャリア」と「スキル」の違いを認識する必要性も語られた。キャリアとは経歴のことで、そこから得られたものがスキル=強みだ。スポーツと同じく、1つの武器だけで勝ち続けることはできない。どんなスキルをいくつ持っているか、社会を生き抜いていくためには欠かせない。

スポーツに・サッカーに関わる人材を若年層から引き上げる

宮城県サッカー協会では、仙台リゾート&スポーツ専門学校とアカデミックパートナーシップ締結をし、
若年層の人材にサッカーの運営、指導の実際の現場を提供し、学びや気づきを促す取り組みを2019年度から実施しております。

【鹿島】「Antlers Business College」第2期の受講者募集開始。スポーツビジネス分野のリーダーとなる人材輩出を目指す

第2期では、2021年5月から約半年間、アントラーズ経営陣を中心とした講師たちのもと、座学による基礎的な経営ノウハウの習得に加え、実際の事例紹介や参加者同士のディスカッション、具体的なビジネスプランの検討・提案を通して実践的な学びを提供していく。クラブでは「フットボールに限らず、スポーツビジネス全体への理解につなげ、地域・社会へ価値創出ができる人材輩出を目指します」と意欲ある参加者を募集している。

日本版 スポーツベッティング 可能性と必要性

日本企業で唯一、英国でベッティングライセンスを取得している「ジャングルX社」はこの3月14日にスポーツ庁協力の下で「3×3.EXE PREMIER powered by INNOVATION LEAGUE」を開催。ファンとチームの双方向性を高めるファンタジースポーツで通常の観戦とは違う没入感や熱狂性が体験できたという。これら一連の試みは新たなライブ観戦を提案するもので、いわば近い将来への布石。国内のスポーツ産業に風穴を開けようとしている。

スポーツベッティングの第一人者で、大商大の谷岡一郎学長(アミューズメント産業研究所所長)は「日本の法体制のスピードではいつになるのか。ただ、コロナ禍がひとつの転機になると思う。JRAなど公営競技はネット投票の充実で売り上げを伸ばしている。その一方で国内の違法賭博は増加し、摘発件数も増えているのが実情。賭博は制限するよりコントロールするというのは世界の流れ」と話す。

スポーツベッティングに賭けられている金額は世界で300兆円以上とも言われる。不法を加えると想像もつかないが、このポテンシャルを考えると、日本がほったらかしにするのはもったいない。

スポーツは投資でも面白くなる時代へ「ニッセイ・ワールドスポーツ・ファンド-メダリスト-」

世界(含む日本)のスポーツビジネス関連企業の株式に投資することで、信託財産の成長をめざします。

『魅せる』に特化したサーフィンの大会をDX支援!KNOT online contest事務局がクラウドファンディングを開始

本戦で優勝した選手には賞金に代わり、優勝特典である世界のトッププロとのサーフトリップする機会が与えられます。

これによって、世界トッププロとのコネクション、国内トッププロからの直接の指導、大会優勝のステータス、第二回大会での審査員枠、知名度アップ、スポンサーとのコネクションが得られることになります。

これにより選手達は練習に集中する環境を手に入れるチャンスができ、その結果、世界を舞台にした試合においても日本の名前を残せるよう近づける事になります。

ここで優勝することは、その先の未来へつながるような仕組みになるのです。

 

先週のニュース

4月9日(金)第2回スポーツムービー選手権受賞作品決定、ギフティングは「アスリートへの無償の愛」だ!メダル偏重に日本スポーツ仲裁機構が警鐘 ほか

4月8日(木)川崎F 史上10クラブ目のJ1通算300勝、新加入の遠野決勝弾 メモリアルTシャツでサポと歓喜 ほか

4月7日(水)北朝鮮 五輪・パラ不参加表明、聖火リレー大阪は中止申し入れほか

4月6日(火)競泳松元・入江ら8人が五輪内定、伊達公子が聞く、錦織圭を輩出した“盛田ファンド”のジュニア育成術ほか

4月5日(月)「まん延防止等重点措置」本日から適用、スポーツこころのプロジェクトは終了、スポーツ万能の子供がいなくなった令和の教育現場 ほか

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会学生の強みを分析!NIKKEI U-22でも話題のデータ大公開!

卒業後も競技を続けたい学生が20%!運動部学生、就活意識の調査結果

ゲームがスポーツ?コロナ禍でますます注目の「eスポーツ」!

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top