グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

3月30日(火)U24代表3発アルゼンチン圧倒、日本のスポーツ界が「稼ぎ力」を向上させるにはほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

U24代表3発アルゼンチン圧倒、五輪想定し修正力

東京五輪世代のU-24日本代表が同アルゼンチン代表に完勝した。国際親善試合の第2戦で、3-0と快勝。追加招集のFW林大地(23)が先制点を決め、後半はMF久保建英(19)のCKからDF板倉滉(24)のヘディングという形で、一気に2点を奪った。26日の第1戦で0-1と敗れた相手に、五輪の1次リーグと同じ中2日という厳しい日程の中、力を示した。

Jリーグ、プレミア化 最上位リーグ新設、外国人枠撤廃など検討「推進チーム」たち上げ

目玉の一つがプレミアリーグ構想で、J1の上位にあたる新リーグを新設。参加クラブをJ1の18クラブ(今季はコロナ禍で20クラブ)から、10~14程度に減らす案だ。頭打ちが懸念されるリーグとクラブの経営規模を拡大する案として注目している。
現在はJリーグが試合の放映権を一括管理し、契約金を各クラブに配分する。配分金は同じカテゴリー内均一で、人気クラブとそうでないクラブの格差が生まれにくい。共存共栄の方針で運営してきたが、Jリーグは来年で30周年を迎え、競争へと舵(かじ)を切っていく方針。プレミア構想では、クラブが独自に放映権を管理する案なども検討される見通しだ。

◆放映権 コロナ禍前の2018~19年シーズン、イングランド・プレミアリーグの放映権は高騰した。同シーズンの放映権収入1位はリバプールの約200億円。2位がマンチェスターCの約199憶円、3位がチェルシーの約191億円。Jリーグは、「DAZN(ダゾーン)」と17年から10年契約総額約2100億円の契約を締結。現在は、J1各クラブに3億5000万円、J2クラブには1億5000万円、J3には3000万円が、それぞれ配分金として支給されている。

廣瀬俊朗氏、石川直宏氏らがきらぼし銀行と考える、アスリートによる社会課題解決の可能性

スポーツは社会の一部であるという原点に立ち戻り、スポーツの持つ力で社会課題を解決していこうとするのが、きらぼし銀行だ。2018年に東京都民銀行、八千代銀行、新銀行東京が合併して誕生した同社は、首都圏の地域金融機関として地域社会を重視する中、これまで多くのスポーツを支援してきた。

サッカーでいえばJリーグのFC東京から、関東リーグの東京23FCまで。東京・港区のマラソン大会「MINATOシティハーフマラソン」や、東都大学野球連盟、BCリーグの神奈川フューチャードリームスなどもその支援に含まれる。

イベントの模様を収めた動画はこちらから。
■きらぼし銀行 動画ライブラリ
https://www.kiraboshibank.co.jp/about/movie/

ソニーネットワークコミュニケーションズが見る、AIの可能性

当初、同社が「Smart Tennis Sensor」を開発した時は、主にB to Cを想定していた。だが実際、サービスをローンチしてみると、このソフトを利用するだけではテニスを上達させるのは難しいという現実問題に直面した。なぜなら、AIが示す内容を読み解き、的確に指示する指導者の存在が必要だったからだ。そこで同社はB to CからB to Bへ方向性を転換。直接、ユーザーに向けてサービスを提供するのではなく、テニススクールを運営するスポーツクラブへ展開を開始した。これにより、単純に「AIの力でテニスの動向を可視化するツール」であったものが、「テニスの体験そのものの価値を高め、体験を経験へ昇華させるツール」として進化したのだ。

日本のスポーツ界が「稼ぎ力」を向上させるには、リーグ機能の強化が必要だ

大島 リーグが引っ張るのは大事で、放映権などの権益もクラブごとに持つより、リーグが保有すべきです。ただし、リーグが主導権を持てる前提が幾つかあります。

例えば今のラグビーでは、チームがリーグに出るために会費を払います。一方、BリーグやJリーグの場合は、リーグからクラブへの配分金が会費を上回ります。一般論として、お金を配るほうが強いじゃないですか。経済的にチームに依存しているリーグが、「お前らこうしろ」と言っても弱いですよね。

葦原 ルールは大事ですけど、お金のガバナンスも非常に重要です。言うことを聞いてもらうには、お金を上から下に落としていく仕組みが必要だからです。Bリーグはパートナー企業があり、放映権をリーグが一括管理することで配分金も出せるし、さまざまなプラットフォームもリーグがコスト負担をしています。リーグの独立性が保てるわけです。

先週のニュース

3月26日(金)日本、宿敵・韓国に代表デビューの山根初ゴール含む3発快勝!U-24日本代表の背番号発表ほか

3月25日(木)J2長崎の新スタジアム建設が本格始動 街づくりと一体、民間企業が目指す“世界観”ほか

3月24日(水)スポーツ庁が「体育の肌着問題」通達 大谷翔平現役メジャーTOP100入り、コロナ影響でスポーツジム閉店相次ぐ…ほか

3月23日(火)五輪海外客断念に落胆の声、違法スポーツサイトの影響ほか

3月22日(月)センバツ本日2回戦 高校サッカーイギョラ杯は本日決勝トーナメント!スポーツ界の先端テックは? ほか

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会専用就活サービス「オンライン就活スクール」開校!

指導者必見!スポンサー営業の極意を聞いた!【成功事例】

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top