グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

3月23日(火)五輪海外客断念に落胆の声、違法スポーツサイトの影響ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

海外客断念 “落胆” “しかたない” 各地の声は? 五輪・パラ

成田空港会社では東京大会の期間中、観客や選手、関係者など1日に最大7万2000人の出国者数を見込み、およそ280億円をかけてターミナルビルの改修などを進めてきました。

海外からの観客受け入れ断念で、空港内店舗の売り上げや、利用客が支払う施設使用料は想定よりも大幅に減少することが避けられないとしています。

南野、決める!“韓国キラー弾” 宿敵相手に3連敗阻止へ 代表合宿スタート

親善試合・韓国戦(25日、日産ス)と22年W杯カタール大会アジア2次予選モンゴル戦(30日、フクアリ)に臨む日本代表が22日、横浜市内で合宿をスタートさせた。新型コロナウイルス感染拡大後、国内では初となる国際Aマッチに向けて、海外組のMF南野拓実(26=サウサンプトン)は初日から精力的に汗を流した。

スポーツ違法サイトの影響

スポーツにおける違法サイトの影響に関する興味深い調査結果が明らかになった。
この調査はSynamedia社・Ampere Analysis社が実施したもので、世界10か国6000人のスポーツファンを対象にしている。
その結果によれば、違法サイトを使って無料でスポーツ観戦する人が多く、放映権を持つ正規のストリーミングサイトが総計54億ドル分の収入を取りこぼしているという。

コロナ禍で変わるスポーツイベント。進むDXと、鍵になる「顔認証」

スポーツイベントでは、セキュリティを確保する必要性から、スタッフによって出入りできるエリアが限られていることがある。これをゾーニングという。レッドロケッツの試合会場でも、スタッフは来場者と同様に入場時に顔データを登録し、顔認証で各エリアを移動するシステムとなっていた。

「これまでのゾーニングでは、入場可能なエリアをスタッフパスに記して、目視でチェックしていました。そこに顔認証が導入されることで効率よくチェックができるようになりますし、パスの偽造やなりすましも防ぐことができる。セキュリティ強化につながります」

感染症対策だけでなく、一歩進んでセキュリティ対策まで。安全・安心への対策をしっかり行っているイベントだということは、ファンへの力強いアピールになる。

MLSクラブのビジネスが学べる!株式会社Atoがセミナー動画の販売を開始

カナダ・バンクーバーを本拠地とするメジャーリーグサッカー(MLS)クラブ「バンクーバー・ホワイトキャップスFC」の公式パートナーとして、日本向けスポーツビジネス研修企画を実施している株式会社Ato(エートゥー)が動画セミナーの有料配信企画を実施する。

コロナ禍の世界情勢によりカナダへの留学・研修が難しくなる中で、家の中にいながら世界一ともいわれる北米スポーツビジネスを学ぶことができる。

先週のニュース

3月19日(金)今日からセンバツ!注目選手の相関図 手数料ゼロのサッカー代理人サービスが急成長 ほか

3月17日(水)大迫傑・香川照之も聖火ランナー辞退 オリンピック事前合宿を断念する自治体続出 センバツ有力校は…いよいよ開幕 ほか

3月16日(火)大谷翔平955日ぶり2打席連発HR、リアルのサッカークラブを使った実践型スポーツビジネススクールほか

3月15日(月)マエケン初の開幕投手決定!、SNS時代に求められるスポーツ販促ほか

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会専用就活サービス「オンライン就活スクール」開校!

指導者必見!スポンサー営業の極意を聞いた!【成功事例】

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top