グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

3月5日(金)青学大・原晋監督、実業団のニューイヤー駅伝に挑戦、渡部暁斗が世界選手権銅メダルほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

青学大・原晋監督が実業団のニューイヤー駅伝に挑戦 クラブチーム「絆RC」創設

青学大を箱根駅伝で5回の優勝に導いた原晋監督(53)が陸上の競技人口拡大や選手のセカンドキャリア支援など競技発展を目的とした一般社団法人「アスリートキャリアセンター」をたちあげたことが4日、分かった。活動の一環として、クラブチーム「絆ランニング倶楽部(RC)」を創設し、現在、日本実業団陸上競技連合の東日本連盟に登録を申請中。

渡部暁斗が銅メダル、日本人初3大会連続で表彰台

世界選手権初出場は07年札幌大会で、今大会で8度目の出場だ。金メダルは09年チェコ・リベレツ大会の団体のみ。個人では17年ラハティ大会ラージヒルの2位が最高だったが、これで個人では3大会連続で表彰台に立った。

国内スポーツ施設の約6割!学校体育施設の有効活用の方法とは

学校体育施設は、日本全国の体育・スポーツ施設の約6割を占めており、プールや体育館、運動場と施設の種類ごとに見ても、学校のものが約4分の3にまで上ります。これを有効活用しない手はありません。

Bリーグ所属クラブをビジネスマネジメント面からランキング「Bリーグマネジメントカップ2020」を発表
B1は「川崎ブレイブサンダーズ」が初優勝、B2は「仙台89ERS」が2連覇

今回の「Bリーグマネジメントカップ」は、2019-20年シーズンの終盤に突如襲来した新型コロナ感染症の拡大により、Bリーグ は残り約3分の1のリーグ戦を未消化のまま終了せざるを得ないという前代未聞の状況となったことから昨年より厳しい結果になりました。BリーグやBリーグクラブは、未経験かつ先の見えない環境の中で、これまでのビジネスモデルを根本から見直す必要に迫られる厳しい状況に直面しました。このような困難な状況の中、今回B1部門において総合1位を獲得した川崎ブレイブサンダーズは、Bリーグの中でいち早く選手と協力してYouTube配信を取り入れるなどデジタルによる取り組みを推進するだけでなく、行政と連携して地域の企業向けにSDGs勉強会を開催するなど、新たな付加価値の創造に着手しています。

先週のニュース

2月26日(金)DeNAがサッカー界にも進出、日本代表、ミャンマー戦が延期で代替試合を要望ほか

2月25日(木)Jリーグ開幕控え、村井チェアマン「エキサイティングな試合を」 DeNA参入には「楽しみ」ほか

2月24日(水)センバツ1回戦で大阪桐蔭vs智辯和歌山 アスリートドゥアルキャリアの会社側の本音は? 女性を取り巻くスポーツ環境 ほか

2月22日(月)アルディージャ、地域飲食店をオンラインで発信 ヘタフェのユニ・オークション最高値は久保建英 ほか

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会専用就活サービス「オンライン就活スクール」開校!

指導者必見!スポンサー営業の極意を聞いた!【成功事例】

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top