グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

12月25日(金)FIFA 来年開催予定のU20W杯、U17W杯中止を決定、トライアウトに元日本代表やJ1経験者ら総勢35人ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

FIFA 来年開催予定のU20W杯、U17W杯中止を決定 新型コロナ拡大の影響

国際サッカー連盟(FIFA)は24日、新型コロナウイルス感染拡大の影響から21年5月にインドネシアで開幕予定だったU―20W杯、同10月にペルーで開幕予定だったU―17W杯の開催を断念し23年に実施することを決めた。開催地は次回大会に引き継がれる。

Jクラブも熱視線!トライアウトに元日本代表やJ1経験者ら総勢35人。参加メンバーの顔ぶれは?

12月24日にJFA夢フィールドで、日本プロサッカー選手会(JPFA)が主催する「JPFAトライアウト」1日目が開催された。

契約満了となった選手たちが、新天地を手にするためのアピールの場となるこのトライアウト。初日となったこの日は、元日本代表の本田拓也や今季大分トリニータで10試合に出場した前田凌佑をはじめ、20歳から36歳まで総勢35人が参加。視察には数多くのクラブ強化担当者のほか、J2・FC琉球の樋口靖洋監督も訪れた。

いびつに膨れたスポーツビジネス、競技すべてが“プロ化”すべきでない理由

ハンドボールがプロ化しても選手が手にする年俸はどれだけ高くとも数千万円。多くは一千万円そこそこだろう。それが何年続くか。とても現役中に一生分をまかなうだけの金額を稼げない。

そもそも――。

ぼくの見たハンドボール選手たちの、社業と練習以外の時間の過ごし方は、パチンコや漫画が多かった。そんな彼らが短い現役生活を終えて、社会に放り出されて何が出来るのか。ならば、引退した後も社業に戻れる実業団システムの方がハンドボール界には都合がいいのではないか。

先週のニュース

12月18日(金)五輪選考びわ湖毎日マラソン消滅へ、飲酒問題の山辺高校対応巡り論議加熱ほか

12月17日(木) J1昇格決めた福岡の小さなサポーターの声「コロナで休校…チーム勝つと僕も頑張ろうと」ほか

12月16日(水)小池都知事、五輪開催を強調、東京V来月資金ショートの可能性ほか

12月15日(火)スポーツ庁が競技団体強化に100億円予算確保 サッカー選手市場価値ランキング発表ほか

12月14日(月)市船クラスター、強豪校の部活の難しさ 進化する花園、スタジアムは改革の時代 ほか

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会専用就活サービス「オンライン就活スクール」開校!

指導者必見!スポンサー営業の極意を聞いた!【成功事例】

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top