グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

12月4日(金)萩野公介400個メ復活V!来年の東京五輪が視界に、巨人・菅野 球団にポスティング申請申し入れ、FC今治とNECが描く壮大な『絵』ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

萩野公介400個メ復活V!来年の東京五輪が視界に

萩野は10月下旬から約1カ月間、ブダペストで開催された競泳国際リーグに参戦。短水路(25メートルプール)で5試合を行って、同種目はすべて1着だった。11月17日に帰国して14日間の隔離期間を終えて、18年4月以来の2シーズンぶりの日本選手権出場となった。低迷期を乗り越え、怪物スイマーが復活をアピールした。

巨人・菅野 球団にポスティング申請申し入れ 米メディアも注目 移籍先候補にヤンキースなど

大リーグは新型コロナウイルスの影響で60試合の開催にとどまり、来季も不透明な状況。菅野は悩んだ末、巨人に残留する選択肢も持った上で、大リーグ球団の話を聞くためにポスティング制度を利用したいと申し入れた。

FC今治とNECが描く壮大な『絵』。岡田武史会長が語る、カギとなる「DX」とは

withコロナ時代の「New Normal(新たな日常)」において、生き残りの方向を模索し続けるスポーツ界。そのカギを握ると言われているのが、「DX(デジタル・トランスフォーメーション)」である。

元サッカー日本代表監督にして現在、FC今治の代表取締役会長を務める岡田武史氏の目に、新たな潮流はどのように映っているのか。

「DXは新型コロナウイルスの影響で、一気に加速されていますね。最初は戸惑ったり疑問に思ったりした人もいると思いますが、もはやDXを進めないと社会生活や仕事が成り立たなくなってきた。スポーツ界でも10年後にはDXが浸透していくだろうと言われていたのが、コロナの影響ですぐに推進しなければならなくなってきているんです」

イギリスの通信会社Three、スポーツファンの共感を集める企画で技術力をPR

プレミアを代表するビッグクラブの1つチェルシーの胸スポンサー契約を7月から国内企業である通信会社大手の『Three』が締結したのは大きな話題となった。また、それまでチェルシーの胸スポンサーといえば、2015-16シーズンから横浜ゴムが務め『YOKOHAMA TYRES』のロゴを掲出していたので、このスポンサー変更に衝撃を受けた日本のスポーツファンもいたことだろう。

Threeにとって今回のスポンサー契約で最も期待される効果は、海外の人向けの知名度向上だ。

先週のニュース

11月27日(金)楽天、全選手に経営実態を異例の開示、巨人菅野ポスティング申請へほか

11月26日(木)「ディエゴは不滅だ」メッシがペレがクリロナが…マラドーナ死去を世界が追悼 ほか

11月25日(水)ソフトバンク森継投ノーノーあと1人で逃す、2021年5月に体操・新体操の東京五輪のテストイベントを開催ほか

11月24日(火)兵庫、体罰で教諭が懲戒免職 大阪府立大は部活活動許可条件の誓約書要求 イングランドは12月からスポーツ観覧を許可の見通し ほか

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

体育会専用就活サービス「オンライン就活スクール」開校!

指導者必見!スポンサー営業の極意を聞いた!【成功事例】

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top