グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

11月13日(金)内田篤人、2度目の高校選手権応援リーダーに就任、J1鳥栖、10億円赤字見通し ユニホーム胸の新スポンサー発表、中央大学のスポーツビジネス講座でなんとサッカークラブを運営ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

内田篤人、2度目の高校選手権応援リーダーに就任「きっとみんな部活をやめなかった。出し切ってほしい」

―――全国への思いは強かった?
内田 最後は選手権に出場して国立でプレーするというのが目標でした。僕は県のベスト8で負けましたけど、その後もサッカーを続けていく上でやっぱり1つ、執着心というか、あそこは悔しかったけど、次こそはという気持ちは常に持っていました。

J1鳥栖、10億円赤字見通し ユニホーム胸の新スポンサー発表

J1鳥栖は12日、佐賀県鳥栖市の駅前不動産スタジアムで記者会見し、2020年度決算で約10億円の赤字を計上する見通しを明らかにした。また、ユニホームの胸にロゴを入れる新規スポンサーとして、IT企業の木村情報技術株式会社(佐賀市)と契約すると発表した。

来年のジャンプW杯札幌大会中止

連盟によりますと、道内で連日100人を超える新型コロナウイルスの感染が確認されていることから、参加する国内外の選手や大会関係者の感染リスクを考慮して開催の中止を判断したということです。

「クラブスタッフの声」をオープンに伝えていく――水戸ホーリーホック 青木真波氏の広報としての挑戦【30代キャリア】

現在水戸では、事業部門が営業ホームタウン事業部とファンマーケティング事業部の2つに分かれています。事業部の施策を判断するのは30代前半のスタッフで、クラブ運営を取りまとめる経営企画室のGM補佐や事業部の施策を判断するオフィサーは同年代の32歳・33歳のメンバーです。営業ホームタウン事業部には20代後半だけでなく、新卒のメンバーもいます。クラブの歴史を支えてきたベテランの先輩方に加え、ここ数年で加入した「若い力」も積極的にアイディアを出せるオープンな雰囲気で、様々な新しい取り組みを行っています。

スポーツツーリズムが持つ「スポーツ×旅行・観光」の可能性【事例つき】

スポーツを「する」にしても「みる」にしても、スポーツ施設や周辺環境の整備、イベントの企画立案・運営、人の移動支援など、「ささえる」人たちがいなければ「スポーツ・ツーリズム」は成り立ちません。

例えば、「自治体」「観光協会」「旅行代理店」「スポーツ・コミッション」などです。

身体活動を伴うスポーツにおいては、「どこでそのスポーツをやるのか、あるいはみるのか」ということがとても大切になります。

したがって、まずはその地域や土地の人々が、地元の文化や観光資源などをよく理解して、それをスポーツ・ツーリズムにうまく活用していくことが必要になります。

また、地元の人たちだけでは、なかなか面白いアイデアが浮かばなかったり、イベントを「魅力的にみせる」といったことができない場合がありますので、旅行代理店と一緒にスポーツイベントを企画し、旅客や宿泊と一緒になった「パッケージ・ツアー」などを実施することもあります。

 

「今の学生は寄り道が苦手」 大学教授がサッカークラブ運営で見た“最近の若い子”の実像とは

学生たちがスポーツビジネスやスポーツマネージメントを実地体験で学べる場として、中央大学商学部には関東リーグ1部の東京23FCの運営を学生主体で実地体験ができる特別講座「スポーツ・ビジネス・チャレンジ演習/実習(明治安田生命寄付講座)」がある。学生にとても人気のある講座だ。

中央大学のスポーツビジネス講座でなんとサッカークラブを運営! 鍵は「ヒンディー語と小松菜」!?

2015年から開講している『スポーツ・ビジネス・チャレンジ演習/実習(明治安田生命寄付講座)』では、学生自身がサッカービジネスを実践することを目的としている。

具体的には――関東1部リーグに所属する東京23FCにおいて、集客、イベント発案、試合当日の運営、広報活動、スポンサー獲得などを自分たちで行う。

先週のニュース

11月6日(金)【全員欧州組!】SAMURAI BLUE(日本代表)国際親善試合メンバー発表、ルヴァン杯決勝年明けに代替開催も視野に ほか

11月5日(木)「“鹿島っぽさ”を大切に、サポーター目線のコンテンツを」 5Gマルチアングル観戦体験で見えたこと ほか

11月4日(水)高校サッカーの問題点は選手の「価格」、スポーツ施設が次々に新しい試みを展開 ほか

11月2日(月)イギリスでロックダウン開始「エリートスポーツは無観客で許可される」、中村憲剛引退を表明 ほか

今週のニュース

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

指導者必見!スポンサー営業の極意を聞いた!【成功事例】

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

【せめてオシャレにカッコよく】オリジナルデザインの高機能スポーツマスクでみんなお揃い☆【withコロナ時代の必需品】

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top