グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

11月12日(木)Jリーグの混乱~ベテラン勢に戦力外や大幅減俸の危機 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

Jリーグの混乱~ベテラン勢に戦力外や大幅減俸の危機

新型コロナウイルスの影響による4カ月以上の中断から7月に再開したJ1は、10月31日に今季の大会成立が確定した。

2020の主役は誰だ。高校サッカーの注目選手特集

MF正木浩輔(大手前高松/3年)大手前高松の代名詞になりつつあるのが、ロングスローだ。初出場となった昨年度の選手権では、MF滝平昂也(現・高松大)が放った50m強のロングスローから決勝点を奪い、初勝利を達成。2度目の出場となる今年も、MF正木浩輔(3年)の強肩が目を惹く。

ブラサカ応援マネージャーの元乃木坂46・川後陽菜、「アクサ×KPMG 2020カップ」応援のクラウドファンディングを呼び掛け

ブラインドサッカー応援マネージャーを務める川後陽菜さん(元乃木坂46)は、現在開催中のブラインドサッカー全国大会「~ブラインドサッカーを未来へつなごう~ アクサ×KPMG ブラインドサッカー2020カップ(以下、アクサ×KPMG 2020カップ)」参加チームを応援するため、今月20日までクラウドファンディングサイト『CAMPFIRE』上で応援プロジェクトを実施している。

ダルビッシュ、前田受賞ならず サイ・ヤング賞でともに2位―米大リーグ

【ロサンゼルス時事】全米野球記者協会の記者投票で決まる大リーグのサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)が11日に発表され、カブスのダルビッシュ有(34)はナ・リーグの2位、ツインズの前田健太(32)もア・リーグの2位でともに受賞はならなかった。

先週のニュース

11月6日(金)【全員欧州組!】SAMURAI BLUE(日本代表)国際親善試合メンバー発表、ルヴァン杯決勝年明けに代替開催も視野に ほか

11月5日(木)「“鹿島っぽさ”を大切に、サポーター目線のコンテンツを」 5Gマルチアングル観戦体験で見えたこと ほか

11月4日(水)高校サッカーの問題点は選手の「価格」、スポーツ施設が次々に新しい試みを展開 ほか

11月2日(月)イギリスでロックダウン開始「エリートスポーツは無観客で許可される」、中村憲剛引退を表明 ほか

今週のニュース

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

指導者必見!スポンサー営業の極意を聞いた!【成功事例】

スポーツクラブが部活を指導する!これからのスポーツクラブに求められる方向性は?

噂のTabio(タビオ)を履いてみた!商品レビュー!

イマドキのスポーツ系習い事に求めるもの、求められるものとは?~はじめての習い事を通して考える~

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top