グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

10月7日(水)野球部でなくてもプロになった人がいる! ベガルタが債務超過でクラファン発動 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

野球部でなくてもプロに…異色バッテリーが常識覆す

杉浦は麻溝台(神奈川)時代、バドミントン部に所属。中大に進学後、仲間と草野球チームを立ち上げた。「就活のネタになれば」と受験した19年のトライアウトでは、150キロを計測。今季参入した神奈川に入団した。

仙台、6億赤字見込みで債務超過の公算 存続の危機

クラブは9月26日から21年1月16日までCF、口座振込、スタジアム募金で合計5000万円を目標に資金を募り、6日現在で約1400万円が集まった。同期間中は10~12月までの役員報酬2割カット、来年1月以降は同1割カットを実施。また14日の横浜FC戦からは3400人から9500人に入場可能者数を引き上げ、観客動員にも注力していく。

スポーツ中継 の供給過多で、「低視聴率」に悩むテレビ広告主 : 現実は決してバラ色の状況ではない

実際に一部のTVネットワークは、高視聴率への期待から生じた「債務の決済」に乗り出している。たとえば、NFLやカレッジフットボールの開幕戦やプレーオフといった現時点でも比較的高視聴率のインベントリーが活用されているようだ。また、広告主がCM放送を予定していた時期に近い別のインベントリーを購入できるように、アップフロント(テレビ広告枠の先行販売)の売れ残りを高い価格設定で販売する「スキャッター(scatter)」のインベントリーを確保している。

いまスポーツファンが「熱狂している」「他の人に勧めたい」のは? 熱狂度でプロ野球がラグビーを上回る【NTTデータ調べ】

この状態を熱狂者比率×推奨者比率で見ると、日本代表カテゴリは、熱狂者比率が高くなるほど推奨者比率が高くなる。一方、国内リーグカテゴリは、熱狂者比率に関係なく推奨者比率は50%台に集中している。

「コロナショックをチャンスに」今話題のスポーツビジネスも、デジタルトランスフォーメーションで稼ぐビジネスへ飛躍的に加速する。

村井満チェアマンは、コロナ禍におけるリーグやチーム、選手、スポンサーとの対応を経た、これからのスポーツの可能性について、「地域を超えて、多くのひとたちと盛り上げていける機会として考えている」とし、またリモートワークなど、オンラインでのコミュニケーションが普及したことから、「スポーツ業界で働きたいひとたちのハードルも下がっている、多くの方の参加を期待する」と呼び掛けた。

先週のニュース

10月2日(金)G大阪の象徴・遠藤保仁、磐田に期限付き移籍、日本代表オランダ遠征、メンバー25名選考ほか

10月1日(木)今こそ、スポーツを支える仕事に迫る<後編>FC琉球/水戸ホーリーホック ほか

9月30日(水)サマンサタバサが「女子アスリートにファッションとメイクを!」、実は鳥栖よりまずい仙台、部活の暴力、法的責任が問われにくい理由 ほか

9月29日(火)サッカーJリーグ サガン鳥栖に経営是正通達、ANA所属アスリートから瀬戸大也を除外「イメージにふさわしくない」ほか

9月28日(月)長崎の部活顧問が時間外賃金など求め提訴、アスリートに対する付加価値の足りない日本 ほか

今週のニュース

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

【スポーツトレンドNAVI】withコロナを通してテニスから学ぶこと

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代でのサッカーの新しい関わり方とは?

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代のバスケットボールはどうなる?

【スポーツトレンドNAVI】やっぱりみんなでバレーボールやりたい!見たい!withコロナ時代

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代の新しい野球のカタチ

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

スポーツ庁による支援内容ご紹介 スポーツイベント再開支援、子どもの運動不足解消のための運動機会創出プランなど

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top