グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

10月2日(金)G大阪の象徴・遠藤保仁、磐田に期限付き移籍、日本代表オランダ遠征、メンバー25名選考ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

G大阪の象徴・遠藤保仁、磐田に期限付き移籍

今季は新型コロナウイルスの影響でシーズン再開が遅れた影響により、特例で第3の移籍ウィンドーが10月2日に開く。遠藤はこのタイミングで磐田に加わり、今季終了までの期限付き移籍で、昨季途中までG大阪で名コンビを組んだ元日本代表MF今野とともに名門再建に挑むことに。

内容と結果を。日本代表オランダ遠征、メンバー25名の選考から見えるもの

日本サッカー協会は1日、オランダ・ユトレヒトで開催される国際親善試合・カメルーン戦(9日)、コートジボワール戦(13日)に臨む日本代表メンバー25名を発表した。日本代表史上初となる「オール欧州組」での選考。ここに至る背景と、その顔ぶれから見える強化の狙いを探る。

キャバリアーズ、「練習用ユニフォームスポンサーシップ」を導入

NBAは、コロナ禍で収入が減少しているチームに新たな収入源を与えようと、新しいスポンサーシップをいくつか承認している。練習用ユニフォームもその一つだ。

「選手とスタッフ、両方がいてこそのプロスポーツ」 アルバルク東京・林社長が語る、これからのクラブの人材戦略

ビジネス感覚のある人材の不足は、日本のスポーツ界全体が抱える問題だが、林氏の求める経験値や自己完結できる能力は、いわゆる“スポーツ村”の中だけではなかなか生まれてこない。

「人材に関していえば、それぞれの強みを生かしてくれればいいと思うのですが、『バスケットが好きです!なんとかやりきります!』という方は、逆に難しいと思っています」(林氏)

スポーツへの情熱、バスケットボール愛は否定する要素ではないが、そのために「なんでもやる」「サービス残業も厭わず」という人材を採用することは、クラブにとっても本人にとっても逆効果だと林氏はいう。

「当たり前ですが、寝ないでがんばるみたいな“学芸会ノリ”“文化祭ノリ”では、クラブ運営は成り立ちません。自分の持っている経験値、体力や労働力を提供して対価を得るのが『仕事』です。現場でとにかくやります!というのはプロではないですよね。若くて意欲のある人にはプロとして『仕事』で活躍してほしいと思っています」(林氏)

 

ペプシ、NFL開幕にリアル体験を重視する取り組みでファンの心を惹く

・コロナ禍により会場でのテイルゲートパーティーが禁止。自宅に応援するチーム仕様のテイルゲートパーティーセットを配達するキャンペーンを実施。
・持病があるため来場を控えるシーズンチケットホルダーに、いつも座っているスタジアムの座席を贈呈。昨シーズンで引退を表明したチームの人気選手が自宅へ届ける様子をCM化して、ファンの共感を獲得。

先週のニュース

9月25日(金)多数の新型コロナ陽性者昨季ACL王者アル・ヒラルの失格が決定、瀬戸大也、東京五輪の「競泳主将」辞退もほか

9月24日(木)今こそ、スポーツを支える仕事に迫る<前編>トライアスロン・ジャパン(日本トライアスロン連合)ほか

9月23日(水)東京オリンピック開催へバッハ会長 鹿児島県の合宿受け入れ実績はコロナで減ったのか、ヴィッセル神戸突然の監督退任 ほか

今週のニュース

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

【スポーツトレンドNAVI】withコロナを通してテニスから学ぶこと

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代でのサッカーの新しい関わり方とは?

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代のバスケットボールはどうなる?

【スポーツトレンドNAVI】やっぱりみんなでバレーボールやりたい!見たい!withコロナ時代

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代の新しい野球のカタチ

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

スポーツ庁による支援内容ご紹介 スポーツイベント再開支援、子どもの運動不足解消のための運動機会創出プランなど

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top