グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

9月30日(水)サマンサタバサが「女子アスリートにファッションとメイクを!」、実は鳥栖よりまずい仙台、部活の暴力、法的責任が問われにくい理由 ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

体育会系部活における顧問の「暴力」、法的責任は問われにくい?

教育現場において、このような行為があったにもかかわらず、刑事罰に問われにくいというイメージを持たれているのは、被害者(児童、生徒の側)が被害届を提出しないケースが多いことが一因でしょう。被害者のいる犯罪では原則、被害届がないと捜査は開始されないため、刑事責任の追及に至らないのです。

「鳥栖よりヤバイ」仙台“破綻”危機 Jリーグライセンス剥奪も

仙台は20年度予算で900万円の黒字を想定していたが、コロナ禍で吹っ飛び約7億円の赤字となる見込み。このままだと3季連続の赤字は確実だ。26日から異例の緊急募金を呼び掛けているが、選手たちも気が気でないのか、翌27日のC大阪戦ではクラブワーストタイの6連敗を喫した。

パナソニックがワイルドナイツを含むスポーツマネジメント事業を強化

9月29日、パナソニックがスポーツ関連の戦略説明会を開き、パナソニックが保有するスポーツチームを持続可能な事業にするため、10月1日付でスポーツマネジメント推進室を専任組織としてコーポレート直轄下に設立し、企業スポーツの運営を強化することを発表した。この取り組みを加速させることで、パナソニック全社として中長期視点でスポーツマネジメントに関連する事業の拡大を目指す。

「ナイキ」が新たなスポーツ施設を豊洲にオープン 多様性やサステナビリティを意識

「ナイキ(NIKE)」は三井不動産レジデンシャルと共同で新たなスポーツ施設、トーキョー スポーツ プレイグラウンド サポーテッド バイ スポーツ バイ アート(TOKYO SPORT PLAYGROUND SPORT × ART)を10月10日にオープンする(東京都江東区豊洲6-4-1)。

約300名の女子大学生アスリートがリモート参戦!!「スポーツの中にもファッションとメイクは必須!」スポーツ界の固定概念を覆す、女子アスリート新時代への一歩!

株式会社サマンサタバサジャパンリミテッド(所在地:東京都港区、代表取締役社長:門田 剛)は、2019年12月にスポーツ庁が掲げた「大学スポーツ振興の促進事業」の対象である山梨学院大学と、スポーツ科学の学究に

取り組む大東文化大学、日本女子体育大学(順不同:以下3大学)の3校と共にアスリートとして本気でスポーツに取り組み、夢を追い求める女子大学生アスリートの環境設備や社会的活動の促進を目指す産業連携プロジェクト、『2020 Samantha Sports Lady Project』をCSR活動の一環として始動しました。

先週のニュース

9月25日(金)多数の新型コロナ陽性者昨季ACL王者アル・ヒラルの失格が決定、瀬戸大也、東京五輪の「競泳主将」辞退もほか

9月24日(木)今こそ、スポーツを支える仕事に迫る<前編>トライアスロン・ジャパン(日本トライアスロン連合)ほか

9月23日(水)東京オリンピック開催へバッハ会長 鹿児島県の合宿受け入れ実績はコロナで減ったのか、ヴィッセル神戸突然の監督退任 ほか

今週のニュース

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

【スポーツトレンドNAVI】withコロナを通してテニスから学ぶこと

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代でのサッカーの新しい関わり方とは?

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代のバスケットボールはどうなる?

【スポーツトレンドNAVI】やっぱりみんなでバレーボールやりたい!見たい!withコロナ時代

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代の新しい野球のカタチ

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

スポーツ庁による支援内容ご紹介 スポーツイベント再開支援、子どもの運動不足解消のための運動機会創出プランなど

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top