グリーンカードニュース

スポーツに関するトレンドニュースと役立ち情報をお送りします

9月29日(火)サッカーJリーグ サガン鳥栖に経営是正通達、ANA所属アスリートから瀬戸大也を除外「イメージにふさわしくない」ほか

タイトルクリックで全文をお読みいただけます

サッカーJリーグ サガン鳥栖に経営是正通達

来シーズンに向けて申請があった52のクラブすべてにライセンスが交付されて参加資格が認められましたが、昨年度の決算で20億円余りの赤字を出し2年連続の赤字となったJ1のサガン鳥栖に対しては経営状況を是正するよう通達を出しました。

これによってサガンは、今年度の収支や経営の改善に向けた取り組みについてJリーグに対して定期的に報告するとともに、来年度の予算編成についても事前に説明することが求められます。

所属アスリートから瀬戸大也を外したANA「イメージにふさわしくない」

当社がこれまでサポートしてきたアスリートとしての瀬戸選手のイメージにふさわしくないという判断で、土曜日(26日)にいったんHPから写真を取り下げるという形になりました」と説明

ゴルフマガジン が構築した、収益の「無限ループ」の中身:コマースとデータの両輪戦略

ゴルフマガジンがプロショップを所有、運営することには、手数料以外のメリットがあるとデキアロ氏は話す。ゴルフマガジンのチームは、読者によってショップで生成される顧客プロフィールにアクセスし、ファーストパーティデータ戦略を策定するのに役立てることができる。

「デジタル広告業界の誰もが、広告やピクセルごとにどんな反応が起き、それが取引やコンバージョンにどうつながっているかを追跡できる機能を求めている」

Big TenとPac-12、アメフトシーズン開幕へ

ワシントン大学が行った調査によれば、パワー・ファイブに属するカンファレンスがアメリカンフットボールのシーズンを中止した場合に起こる経済的損失(放映権収入、チケット収入、寄付金等の合計)は40億ドル(約4200億円)に上るという。

クラブ再建から未来づくりまで。支えるフロント人材への取り組み:V・ファーレン長崎 髙田春奈社長

また同時に、ジャパネットグループが考える人事の意味も理解してもらうことも大切です。しっかり休むためには効率よく仕事をする必要があり、そのためには仕事に工夫が必要です。頑張ったことを評価してもらうためには、評価制度に沿ってその成果を示さなければならないし、より高いレベルの仕事をしたいと思ったら、教育制度を活用して自分を磨かなければならない。

すべての制度には目的があり、それを実行しようとすればやはり努力も必要です。

パーソナルトレーナーの採用が0円、急成長のトレーナー養成スクール「プロジム」が卒業生の就職先を募集

プロジムは「技能・実践力・知識を身につけた、一流のパーソナルトレーナーになること」を実現するカリキュラムを提供する「パーソナルトレーナー養成スクール」だ。(中略)

プロジム「通学コース」の受講料は、入学金3.8万円・授業料52万円、合計で約60万円となっている。安価ではない授業料を支払い、且つ6ヶ月のスクーリングを行ってでも「パーソナルトレーナーとして働いていきたい」という意欲的な人材だとお分かり頂けるだろう。

生徒には強制ではないが習熟度・理解度の確認の意味も込め、資格取得を推奨しており、プロジム卒業生の多くはNSCA-CPTもしくはNESTA-PFTを取得している。

先週のニュース

9月25日(金)多数の新型コロナ陽性者昨季ACL王者アル・ヒラルの失格が決定、瀬戸大也、東京五輪の「競泳主将」辞退もほか

9月24日(木)今こそ、スポーツを支える仕事に迫る<前編>トライアスロン・ジャパン(日本トライアスロン連合)ほか

9月23日(水)東京オリンピック開催へバッハ会長 鹿児島県の合宿受け入れ実績はコロナで減ったのか、ヴィッセル神戸突然の監督退任 ほか

今週のニュース

平日毎日配信はこちらから

こんな記事も読まれています

勝ちたい時代の終焉か。時代のニーズに合わせるスポーツ指導とは

【スポーツトレンドNAVI】withコロナを通してテニスから学ぶこと

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代でのサッカーの新しい関わり方とは?

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代のバスケットボールはどうなる?

【スポーツトレンドNAVI】やっぱりみんなでバレーボールやりたい!見たい!withコロナ時代

【スポーツトレンドNAVI】withコロナ時代の新しい野球のカタチ

いまこそチームの発信を見直そう!意外と簡単!?9割のスポーツチームが実践してるオンライン活用術!!

YouTubeやLINEは必須!イマドキ高校生は運動情報をここで見る!

スポーツ庁による支援内容ご紹介 スポーツイベント再開支援、子どもの運動不足解消のための運動機会創出プランなど

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top